Uber Eats(ウーバーイーツ)の配送手数料が違う原因は?

出前館 配達パートナー募集
【a】Uber Eats  フード注文

Uber Eats(ウーバーイーツ)でお料理を友達と注文しようと思って、お店を一緒に探していたら、友達のアプリに表示されている配送手数料が、自分の配送手数料よりも安い!?ということがあるようです。

自分の配送手数料の方が高い設定になっていたら、なんとなく損した気分になりますよね。

同じお店を開いていても、配送手数料が違う理由と、配送手数料を少しでも安くする方法について詳しくご紹介していきます!

出前館で配達員登録が「今、アツい」!

ブーストも最大3倍で!!しかも6月末まで報酬が30%アップ!!MAX「1,980円/件」でガッツリ稼ごう!

  • 2022年6月30日まで、基本報酬の30%が加算!
  • 1件あたり最大「¥1,980」も!※首都圏エリアのみ
  • 平均的な配達距離が約1.7kmと比較的短め
  • 業界トップクラスの高単価と注文数!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配送手数料が違う事がある

同じ住所から、同じお店で注文しようとしても、配達にかかる「配送手数料」が違う事がある場合があります。

アプリのバージョンも同じ、注文する住所も同じ、選んでいるお店も同じ、それなのに配送手数料に差があるというのは、納得いかない方も多いのではないでしょうか?もしくは、システムのバグ!?と思って再起動したりしてみる方もいらっしゃるかもしれません。

実際のところ、Uber Eats(ウーバーイーツ)配送手数料が違う原因はいくつかあります。次項から詳しくご説明していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配送手数料が違う原因

Uber Eats(ウーバーイーツ)配送手数料が違う原因は、大きく2つあります。どちらの場合も、自分自信ではどうにもコントロールできないようなものとなっています。

配送手数料が違う原因
  • 注文時間・曜日・天気が違う
  • A/Bテストが実施されている

【原因1】注文時間・曜日・天気が違う

Uber Eats(ウーバーイーツ)配送手数料は、お店からの距離、オンラインになっている注文者の人数、配達員の数、お店の人気度など、様々な要素によって変化する「ダイナミックプライシング」というシステムを採用しています。

つまり、リアルタイムで配送手数料は変動する仕組みになっています。そのため、ランチタイムや、荒天の日などは、配送手数料が高くなる傾向にあります。

注文している場所がいっしょだったとしても、注文をしようとしている時間、曜日、時間、天気などによって常に変動していますので、アプリを開いたタイミングや、閲覧してきた店舗など様々な要因で刻々と配送手数料は変動します。

【原因2】A/Bテストが実施されている

ABテストは、マーケティングにおける手法の一つです。 「どちらがより良い成果を出せるのか」ということを検証するためにいくつかのパターンと複数回の検証をすることを指しています。

  • ヘビーユーザーには高めの配送手数料を表示しても、購入してくれるのでは?
  • 最近登録したばかりの人には、安めの配送手数料を表示しないと購入してくれないのでは?
  • この時間帯は、もう少し配送手数料をあげてもいいのでは無いか?

などの仮説を検証するために、実際のユーザーにランダムに違う条件を提示して結果を検証して、今後どうするのかを決めるということです。

つまり、このテストに巻き込まれた方は、高い金額で配送手数料を払わなければならない…という場合も考えられます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配送手数料を安くする方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)配送手数料を安くする方法はいくつかあります。

この記事では、3つの配送手数料を安くする方法についてご紹介いたします。参考にしてみてお得に注文してみてくださいね!

【方法1】ピークタイム・雨天時を避けて注文する

Uber Eats(ウーバーイーツ)には注文が多く入る、ピークタイムと呼ばれる時間があります。ログインしている注文者が増えるため、配送手数料は高くなる傾向にあります。

ランチタイムは午前11時〜午後2時、ディナータイムは18時~20時くらいまでというようなイメージで、みんながご飯を食べそうな時間を避けるということが重要になります。食べたい時に、お料理を食べたい!という方もいらっしゃるかもしれませんが、配送手数料を安くしたいという方はこのような方法もあります。

また、天気が悪い時(雨・雪・落雷)も注文が増えて、配達パートナーの数が減るので、配送手数料は高くなりがちです。そんな時は、じっと我慢して天気が少しよくなるのを待ちましょう。

多い時だと100〜200円ほど配送手数料が安くなることもあるようなので、タイミングを見計って注文をしてみることをおすすめします。

【方法2】「Eats パス」を使って注文する

「Eats パス」とは、Uber Eats(ウーバーイーツ)が提供している定額制のサブスクリプションサービスです。初月は無料で利用でき、その後は980 円/月で利用することができます。「Eats パス」についてはこちらの記事で詳しくご説明しています!

注文したいお店の商品1店舗あたり、 1,200 円以上のご注文をすると、配送手数料が0円(無料)になります。利用回数に制限はなく、何度でも利用することができます。全ての注文が0円になるわけではないので注意が必要です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のアカウントを使っている方であれば、どなたでも利用することができますので、利用頻度が高い方にはおすすめのサービスです!

また、初月だけ利用して、翌月から継続的な契約をしないという設定をすれば、1ヶ月間まるまる配送手数料を無料にする!なんてこともできますので、まだ利用したことが無い方は利用してみてはいかがでしょうか?

【方法3】「安い配送手数料」のお店から注文する店を探す

Uber Eats(ウーバーイーツ)のアプリでは、配送手数料が安いところからお店を探す、ソート機能がついています。

ランダムに表示されている、様々な配送手数料のお店から安いお店を探すのは大変です。配送手数料が安いお店から順に並び替えて、注文を行うことができます。

アプリの左上にある「○ー」のマークをタップすると条件を絞り込む画面が出てきます。少し下にスクロールすると、「最大配送手数料」という項目があるので、そこを好きな最低料金のところに「○」をスライドします。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配送手数料が違う原因まとめ

同じ条件で注文をしていたとしても、様々な原因でUber Eats(ウーバーイーツ)の配送手数料が違う場合があります。大きく分けると、以下の2つの原因が考えられます。

  • 注文時間・曜日・天気が違う
  • A/Bテストが実施されている

Uber Eats(ウーバーイーツ)は基本的にシステムが自動的に様々な条件を判定して、配送手数料が決まる仕組みになっているので、自分ではどうにもできないようです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配送手数料を安くする方法は、「ピークタイム・雨天時を避けて注文する」「「Eats パス」を使って注文する」「「安い配送手数料」のお店から注文する店を探す」ことなどがありますので、試してみてくださいね!

出前館で配達員登録が「今、アツい」!

ブーストも最大3倍で!!しかも6月末まで報酬が30%アップ!!MAX「1,980円/件」でガッツリ稼ごう!

  • 2022年6月30日まで、基本報酬の30%が加算!
  • 1件あたり最大「¥1,980」も!※首都圏エリアのみ
  • 平均的な配達距離が約1.7kmと比較的短め
  • 業界トップクラスの高単価と注文数!

人気のフードデリバリーサービス

Uber Eats(ウーバーイーツ)

【a】Uber Eats  フード注文

利用できる範囲も広くて、利用可能時間も長い!加盟店もチェーン店から個店まで幅広く、えらべるお料理もたくさん!どうしてもお料理するのが面倒…コンビニも飽きた…なんて時はUber Eats(ウーバーイーツ)で決まり!

出前館

CMでお馴染みの『出前館』!利用出来る店舗の数も多く、地方でも利用することができるので他のデリバリーサービスが使えない時にもピッタリ!

配達員のお仕事も、デリバリー未経験者はもちろん、経験者の応募も歓迎しています。年代も幅広く10代の方から60代の方、男女区別なく様々なステージの方々がご活躍されています。

DiDi Food(ディディフード)

DiDi Food 配達パートナー募集

DiDi Food(ディディフード)は値引き額の大きいプロモーションが特徴です。

配達員のお仕事も、月収50万以上稼ぐ方もいるほど稼げる!配達件数に応じたボーナスもあり、時給換算目安:1000円〜3000円が相場です!

関連記事