「Eatsパス」で配送手数料が無料!Uber Eats(ウーバーイーツ )のサブスクとは?

DiDi Food 配達パートナー募集
【a】Uber Eats 配達パートナー募集

Uber Eats(ウーバーイーツ )では2020年8月6日(木)よりサブスクリプションサービスの「Eatsパス」をリリースしました。

競合であるmenu(メニュー)などのサービスでも似たようなサブスクリプションがある中、Uber Eats(ウーバーイーツ )ではどのように差別化しているのか気になるはず!

実際のところ、サブスクリプションって使ったことない…という方も中にはいらっしゃるかもしれません。「Eatsパス」のサブスクリプションって実際のところどうなの?元は取れるの?という疑問にお答えいたします!

Uber Eatsのお得なクーポン

初めてUber Eats(ウーバーイーツ)で注文する方限定、「¥2,000 割引 」になるクーポンコードを配布しています!まだ注文したことがない方は、以下のコードを使って是非お得にお料理を楽しんでくださいね!

プロモコード【JPEATS2002】で注文

「Eats パス」とはどんなサービス?

Eatsパス(イーツパス)

「Eats パス」とは、Uber Eats(ウーバーイーツ)が提供している定額制のサブスクリプションサービスです。2020年8月6日(木)よりスタートしました。

地域のレストランで 1,200 円以上のご注文をすると、配送手数料が0円(無料)になります。利用回数に制限はなく、何度でも利用することができます。全ての注文が0円になるわけではないので注意が必要です。

最初の1か月は無料で利用でき、その後は980 円/月の請求が毎月されます。解約しないかぎり、サブスクリプションは毎月自動的に更新されますので、毎月登録したりする必要はありません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のアカウントを使っている方であれば、どなたでも利用することができますので、利用頻度が高い方にはおすすめのサービスです!

「Eats パス」に登録する

「Eats パス」の特徴

Uber Eats(ウーバーイーツ)のサブスクリプションサービス、「Eats パス」って実際のところ配送手数料がタダになるのはわかったけど、他に何かいいことあるの?という方向けに、「Eats パス」の5つの特徴をご紹介いたします!

混雑しているときも配送手数料が【無料】

「Eats パス」を利用すると、配送手数料が無料になりますが、ランチタイムやディナータイムなどの混雑している時間でも、配送手数料が無料になります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)では「ダイナミックプライシング」というシステムを採用しています。この「ダイナミックプライシング」とは、需要と供給に応じて価格をリアルタイムで変動させる技術のことで、天気が悪い時、キャンペーが開催されているの時など、配達が集中するときにはシステムが感知して、配送手数料が値上げされます。

ピークタイムの利用者が多い時間帯でも、配送手数料が【0円】になるのはありがたいですね。

どのレストランでも利用することができる

期間限定で、すべてのUber Eats(ウーバーイーツ )加盟レストランで利用することができます。

近くにある、ファーストフードを食べたいけど雨だからちょっと足を運ぶのが面倒…という時や、少し離れたところにあるあの美味しいレストランのお料理をランチタイムに利用したい…という時も、様々なシチュエーションで豊富なレストランから選んでどこでも注文することができます。

注文できるお店が増えやすい

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、配達手数料が高すぎるお店(配送手数料が400円以上)は、なるべく注文可能なお店として表示されないことが多いです。

しかし、「Eats パス」では配送手数料が無料になるので、どれだけ配送手数料が高くても注文がしやすいため、注文可能な飲食店・レストランの表示が増える傾向にあります。

地域や条件によって多少ばらつきはあるようですが、今まで知らなかったお店に出会うことができたり、遠くてなかなか行くことができなかったお店のお料理を、好きなところまで配達してもらうことができるのは大きなメリットになりそうです。

初月無料で利用できる

「 Eats パス」に申込みをすると初回限定で 1 ヶ月間無料で利用することができます。アプリから継続利用をするのか、利用停止をすするのかは、任意で選択することができます。

契約期間中に解約しても、違約金や手数料などの負担は一切発生しないので、安心して利用することができるのもいいですね。

クーポンやプロモーションコードも併用できる

「Eats パス」で注文した商品代金に、〇〇円OFFなどのプロモーションコードや、1つ頼むともう1つ無料などのクーポンの併用もすることができます。キャンペーンの期間中ならかなりお得に利用することができそうですね!

ただ、配送手数料が無料になるだけで、サービス料(注文代金の10%)は請求されますので注意しましょう!

「Eats パス」はどれくらいで元が取れる?

Uber Eats(ウーバーイーツ)のサブスクリプション「Eats パス」は、月額980 円となっていて、比較的高い印象を受ける方も多いのではないでしょうか?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配送手数料は、お店からの距離、利用している人の人数、配達員の数、お店の人気度など、様々な要素によって変化する「ダイナミックプライシング」というシステムを採用しています。つまり、リアルタイムで配送手数料は変動する仕組みになっています。そのため、ランチタイムや、荒天の日などは、配送手数料が高くなる傾向にあります。

また都市部以外の地方などの一部地域では、配送手数料は固定で350円の場合が多くなっています。

平均すると配送手数料は200円〜400円ほどの設定の場合が多いかと思います。一回の配送手数料が200円だったとすると、5回ほど月に利用すれば、980 円/月の元が取れる計算になります。

地方の場合は、一回の配送手数料が350円だったとすると、3回注文すると元が取れる計算になります。

また、税込み1,200円以上の注文の場合にのみ「Eats パス」は適用されるので、税込み1,200円未満の注文が多い場合にはもう少し多く利用しないと元が取れない計算になります。

「Eats パス」を利用するのに向いている人

「Eats パス」を利用するのに向いている人は、以下のような条件が当てはまる人です。自分が該当する。。。というヘビーユーザーの方には、是非おすすめしたいと思います!

注文金額が税込1,200円を超えることが多い

Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文をする金額が、税込1,200円を超えることが多いという方には「Eats パス」はおすすめです。

「Eats パス」は税込1,200円を超えた注文でないと、適用にならないため注文金額が多くないと特できない仕組みになっています。家族で数品の注文をすることが多い、ランチのお料理+ドリンクを注文することが多いなど、注文する金額が多い方にはもってこいです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の利用頻度が高い

Uber Eats(ウーバーイーツ)自体の注文頻度が高い人は、もちろん「Eats パス」の恩恵を大いに受けることができます。

「Eats パス」の最大のメリットは、1ヶ月980円を払えば何度でも配送手数料が無料になるという点です。利用すればするほどお得になるので、毎晩の夕ご飯をUber Eats(ウーバーイーツ )を利用している、オフィスでのランチをほぼ毎日Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文しているなど、ヘビーユーザーの方にはおすすめです。

注文したい場所から遠いところに気に入った店がある

自宅やオフィスなど、配達してほしい先から離れたところにお気に入りのお店があって、頻繁に注文したいと思っている方にとって、「Eats パス」は救世主になること間違いなしです。

距離が遠ければ遠いほど、配送手数料も高くなってしまうので500円ほど出さないと配達してもらえないという場合もあります。それで1職分のランチ代くらいになってしまいます。そんな方にとって、とてもメリットの多い仕組みかと思います。

「Eats パス」を利用するのに向いていない人

「Eats パス」ってなんだか便利そう…という気持ちだけで登録すると、損をする人もいるかもしれません!自分が以下の条件に当てはまるなら、利用をすることはあまりおすすめではありません。

注文金額が税込1,200円未満のことが多い

注文するお料理の金額が、税込1,200円未満のことが多いという方は、「Eats パス」の利用に向いていないと言えるでしょう。

注文金額が税込1,200円未満だと、「Eats パス」が適用にならず通常の配送手数料がかかってしまいます。一人暮らしで1回の注文金額が数百円程度のことが多いという方は、1ヶ月980円を損してしまうことがあるかもしれませんので、おすすめしません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の利用頻度が2回/月くらいと低い

「Eats パス」は、利用頻度が2回/月くらいと低い方にはおすすめすることができません。

月に最低でも3回以上注文する人でないと、恩恵があまり受けれない仕組みになっていて、元が取れないので実際のところ損してしまう可能性があります。

初月は無料で利用することができるので、初月だけ利用してみて後は自動更新しない!という方法もあるので、一度利用してみるのはよいかもしれません。

「Eats パス」を利用する際の注意事項

「Eats パス」を利用するのには、いくつかの注意点があります。以下の注意点を確認してから、登録を行うようにしましょう。

  • 「Eats パス」は日本国内でのみ利用することができます。
  • 「Eats パス」を利用するためには、Uber Eats(ウーバーイーツ)自体の登録を完了している必要があります。
  • 「Eats パス」の特典は配送手数料にのみ適用となり、「サービス料」は引き続き請求されます。
  • 「Eats パス」の特典は、プロモーションコード及びクーポンの併用は可能です。
  • 「Eats パス」のサブスクリプションの請求はクレジットカードでのみ支払いになります。「Eats パス」を適用した注文した商品の支払いは、クレジットカード以外も利用することができます。
  • サブスクリプションは、お客様が解約しない限り毎月自動的に更新されます。

特に、「Eats パス」のサブスクリプションの請求はクレジットカードからしか支払うことができないというところはネックになるかもしれません。クレジットカードを持っていない方もいらっしゃるかと思いますので、その方は「Eats パス」を利用することができません。

「Eats パス」に登録する方法

「Eats パス」に登録・申込みするにはUber Eats(ウーバーイーツ )公式アプリから行います。

登録は以下のステップで行うことができ、時間は3分ほどで完了できます!登録完了したら、その日の注文から利用することができ、1,200円以上の注文を行うと決済画面で自動的に「Eats パス」が適用されます。

  • Uber Eats(ウーバーイーツ )アプリを開く
  • Uber Eats(ウーバーイーツ )へログイン
  • 「アカウント」セクションをタップし、「Eats パス」からお手続きを行う
  • 「Eats パス」の画面が表示されるので、申し込みボタンをタップ
  • 支払い方法の画面が表示されたら、クレジットカードの情報を登録
  • 登録完了!

注意点としては、PayPay(ペイペイ)内のミニアプリからは登録することができません。Uber Eats(ウーバーイーツ )公式アプリからでないと「Eats パス」に登録することができませんので注意しましょう。

初めての利用ならクーポンと併用でさらにお得!

Uber Eats(ウーバーイーツ )自体の注文が初めて!登録したばかりで一度も注文をしたことがない!という方は、初回限定のクーポンなどを利用することで、お得に注文することができます。

以下のプロモーションコードを使えば、注文金額から1,000円OFFで利用することができます!

Uber Eatsのお得なクーポン

初めてUber Eats(ウーバーイーツ)で注文する方限定、「¥2,000 割引 」になるクーポンコードを配布しています!まだ注文したことがない方は、以下のコードを使って是非お得にお料理を楽しんでくださいね!

プロモコード【JPEATS2002】で注文

人気のフードデリバリーサービス

Uber Eats(ウーバーイーツ)

【a】Uber Eats  フード注文

利用できる範囲も広くて、利用可能時間も長い!加盟店もチェーン店から個店まで幅広く、えらべるお料理もたくさん!どうしてもお料理するのが面倒…コンビニも飽きた…なんて時はUber Eats(ウーバーイーツ)で決まり!

foodpanda(フードパンダ)

foodpanda 初回注文

クーポンがたくさん出ているので、とってもお得に注文できるのでお勧めです!foodpanda(フードパンダ)はパンダマートと呼ばれる食料品や日用品も注文できるので、ネットスーパーのような感覚でも利用できます!

menu(メニュー)

初回購入[menu]【iOS】

menu(メニュー)は国産のフードデリバリーサービスなので、アプリが使いやすいのが特徴です!他のデリバリーサービスにはない有名店や人気店も多数掲載されているので、いつものフードデリバリーに飽きちゃった…という方にお勧めです!!

関連記事