Uber Eats(ウーバーイーツ)に飲食店が出店する初期費用を解説!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の出店初期費用は?
DiDi Food 配達パートナー募集
【a】Uber Eats 配達パートナー募集

Uber Eats(ウーバーイーツ)に加盟している、飲食店が増えているとニュースやSNSで見て気になっているけれど、出店費用が高そう…と足踏みしている方も多いのではないでしょうか?

実は、初期コストが無料で導入できることをご存知ですか?

この記事では、Uber Eats(ウーバーイーツ)のレストランパートナーとして、飲食店・レストランが出店・加盟する方法について詳しく紹介しています。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)出店の条件や、出店の流れについても紹介していきます!

Uber Eats(ウーバーイーツ )とはどんなサービス?

Uber Eats(ウーバーイーツ )とは、2010 年に米国サンフランシスコでサービスを開始したヒトやモノの移動をテクノロジーで支える企業「Uber(ウーバー)」が運営している、フードデリバリーサービスです。「Uber(ウーバー)」は配車サービスをメインで運用していますが、その配車サービスで培ったノウハウを元にUber Eats(ウーバーイーツ )を展開しています。

フードデリバリーサービスとは、昔からある「出前サービス」のようなイメージで、飲食店・レストランでつくったお料理を配達専門のスタッフが配達して注文者にお届けするサービスです。いままでの出前と大きく異なる点は、配達専門のスタッフ(配達パートナー)が、様々な飲食店のお料理を配達してくれるというところです。自社に配達員を雇用していなくても、出前サービスを手軽に導入することができるというところ一番のメリットです。

世界45か国6,000 都市以上で利用されていて、日本には 2016年9月に上陸しました。現在では、日本全国28都府県にて展開されていて、今後も利用できるエリアは拡大されていく予定です。注文者、飲食店(レストランパートナー)、配達員(配達パートナー)の三者をUberの革新的なテ クノロジーで繋ぐことにより、最短時間で人気店の美味しい料理をお届けすることができます。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ )ではデリバリーだけではなく、テイクアウトも利用することができるため、様々なお客様のニーズに対応することができるようになります。

関連記事Uber Eats(ウーバーイーツ )に店舗が「出店」する方法

出店しているお店を「レストランパートナー」と呼ぶ

Uber Eats(ウーバーイーツ )に出店している飲食店・レストランのことを、レストランパートナーと呼びます。

Uber Eats(ウーバーイーツ )の需要急増に伴って、フードデリバリー業界は急速に成長していっています。Uber Eats(ウーバーイーツ )を活用している飲食店は320,000軒以上にも登ります。

2017~2022 年にかけて、米国内レストランのフード デリバリーによる売上高は 77% 上昇すると見込まれているというデータもありますので、この成長の波に乗るためにも、早めに「レストランパートナー」としてUber Eats(ウーバーイーツ)に出店することをおすすめします。

Uber Eats(ウーバーイーツ)出店にかかる初期費用

Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店する初期費用は「0円(無料)となっています。初期コストをかけずにデリバリーを導入可能ですので、飲食店・レストランにとっては新しい販促手段を無料で手に入れることができます。

実際のところ、Uber Eats(ウーバーイーツ)出店のための費用【50,000円】(英語メニュー作成費、写真撮影費、レストランパートナーアプリ連動設定費、タブレットレンタル費)が初期費用としてかかりますが、こちらが期間限定で無料キャンペーンを行っているそうです!

このキャンペーンの特徴として、契約期間は一年間ごととなっているようですが、契約の途中で解約してしまっても違約金や解約金などはかからないそうです。なんと太っ腹な。

通常の契約で申込をした場合には、初期費用【50,000円】が発生し、支払いは30回払いとなっているそうです。出店後5週間目から支払いが発生する仕組みとなっているそうで、毎週発生する売上から【1,667円】が相殺される仕組みとなっています。売り上げが1,667円を下回っている月や、売上がない月は、費用を支払う必要がないようになっているそうです。

こちらの登録手数料は期間限定のため、予告なく終了することがあるそうです。

関連記事 Uber Eats(ウーバーイーツ)の初期費用5万円が今なら無料!

Uber Eats(ウーバーイーツ)出店にかかる固定費用

Uber Eats(ウーバーイーツ)にレストランパートナーとして出店する場合には、ランニングの固定費も発生しません

初期費用も無料、毎月の固定費も無料、ということになりますね!飲食店にとっては、導入に費用がかかるサービスは手が出しにくいイメージがありますが、これなら出店するハードルも下がりそうですね。

安いものには裏がある…とおもってどこかでお金が取られるんじゃないかと思っている方もいるかもしれませんが、しっかりUber Eats(ウーバーイーツ)側でもうかる仕組みはあります。それは、注文時に発生する「手数料」にあります。

こちらの価格設定は期間限定のため、予告なく終了する可能性があるそうです。

[st_af id=”662″]

Uber Eats(ウーバーイーツ)で店舗が払う手数料

Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文が入った際には、1注文ごとに必ず手数料が引かれる仕組みになっています。配達パートナーに配達をしてもらうか、顧客に受け取りに来てもらうかによって、手数料のレートは変わります。

  • 配達パートナーによる配達:35%
  • お持ち帰りの場合:12%

売上の35%、12%と聞くとそんなに取られるの!?と思う飲食店の方もいらっしゃるかもしれませんが、そもそも無いはずだったものが入ってきてそこから手数料が引かれるというだけなので、売り上げはプラスになる可能性の方が高いかと思います。

もちろん、メニューの価格設定も店舗側で行うことができますし、Uber Eats(ウーバーイーツ)専用にメニューを開発したり、量を調整したりすることによって、原価の計算を行うこともできるので、しっかり考えていれば赤字になることは無いですよね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店する際には、商品は10商品以上掲載しなければならないという決まりがあるようなので、しっかりいくつかの商品で利益率の調整を行う必要がありそうです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)出店にかかるその他費用

Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店する飲食店・レストラン側で初期費用やランニングコストなど以外にかかる費用は、梱包するための容器代くらいかなと思います。 「出前」のように、食べ終わった容器を取りに行ったりすることはありませんので、使い捨ての容器を用意する必要があります。

お料理や飲み物の種類にあわせて、必要なカトラリーや容器は変わってきますが、しっかり梱包しないとお料理がこぼれてしまったりして、お店の評価や、配達してくれるスタッフの評価が下がることがあります。こぼれないか、ちゃんと揺らしたりして検証してみてから、実際に導入することをおすすめします。

レストランの業態によって用意すべきものは変わるかと思いますが、以下のような資材を用意する必要がありますので、しっかり切らさないように仕入れをしておくようにしましょう。

  • お料理を入れる容器
  • 割り箸
  • フォーク
  • スプーン
  • ストロー
  • マドラー
  • 紙袋・ビニール袋
  • 紙ナプキン
  • おしぼり

機密性の高い容器を選ぶことが大切になりますが、お料理にあっているかというところもしっかり実際に使って検証することをおすすめします。以下のようなところで購入できますので検討してみてください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)出店の条件

Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店するための条件はたったの3つだけ!飲食店を経営していたら、さほど高くないハードルではないかなと思います。

  • 営業許可証がある
  • 必要な営業時間:週4日以上かつ1日の営業時間が3時間以上
    ※多少の変動があります。
  • メニューは5種類以上用意できる
    ※トッピング等を含めます。

条件に関する補足

  • 【Wi-Fi環境】Wi-Fiを使用することを推奨しますが、Wi-Fi通信ではないタブレット(LTEモデル) を使えばWiFiはなくても問題ありません。
  • タブレット】Uber Eats(ウーバーイーツ)から有償で借りる、もしくはレストランご自身でご用意いただくの2つのオプシ ョンがあります。
    ※ タブレットやWi-Fiがないレストランでも登録が可能です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)に飲食店が出店する流れ まとめ

以下のような流れで、Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店することができます!基本的に電話やメール、電子契約書などでの契約となるので、直接対面で営業を受けたりすることはアリませんので、簡単に出店することができます。

出店方法についてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、参考にしてみてくださいね!

[st_af id=”662″]

  • レストランパートナー申込フォーム送信する
  • 電話案内の予約をサイト上で行う
  • 営業担当から電話案内を受ける
  • オンラインで契約を結ぶ
  • メニュー写真撮影の予約を行う
  • プロカメラマンに撮影をしてもらう
  • システムの設定を行ってもらう
  • 注文を受けるために使うタブレットを受取る
  • タブレット操作研修の予約を行う
  • 電話でタブレット操作研修を受ける
  • 登録完了!営業開始

関連記事Uber Eats(ウーバーイーツ )に店舗が「出店」する方法

まとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)のレストランパートナーとして出店するには、今なら初期費用・月額費用、両方無料で導入することができます!

以下のようなたくさんのメリットがある、Uber Eats(ウーバーイーツ)のレストランパートナーに是非登録してみてはいかがですか?

  • 初期投資・固定費をかけずにデリバリーを導入可能!月額費用ゼロ*
    *こちらの登録手数料は期間限定のため、予告なく終了することがあります。
  • カード決済手数料はUber負担
  • 解約金や違約金なし
  • 始めたい時間にタブレットをONにすればすぐに開始、休みたい時はOFFにするだけ。好きな時間に注文が受けられる。
  • 今までアプローチできなかった顧客層にも名前を知ってもらうことができ、店舗認知の向上が期待できる。
  • 世界各国で展開しているUber Eats なので、インバウンド需要にも対応可能。
  • レストランマネージャーと呼ばれるツールを使えば、注文履歴の確認やメニュー・対
  • 応時間の変更をオンラインで行うことができます。

人気のフードデリバリーサービス

Uber Eats(ウーバーイーツ)

【a】Uber Eats  フード注文

利用できる範囲も広くて、利用可能時間も長い!加盟店もチェーン店から個店まで幅広く、えらべるお料理もたくさん!どうしてもお料理するのが面倒…コンビニも飽きた…なんて時はUber Eats(ウーバーイーツ)で決まり!

foodpanda(フードパンダ)

foodpanda 初回注文

クーポンがたくさん出ているので、とってもお得に注文できるのでお勧めです!foodpanda(フードパンダ)はパンダマートと呼ばれる食料品や日用品も注文できるので、ネットスーパーのような感覚でも利用できます!

menu(メニュー)

初回購入[menu]【iOS】

menu(メニュー)は国産のフードデリバリーサービスなので、アプリが使いやすいのが特徴です!他のデリバリーサービスにはない有名店や人気店も多数掲載されているので、いつものフードデリバリーに飽きちゃった…という方にお勧めです!!

関連記事