Wolt(ウォルト)に出店・加盟する流れを徹底解説!飲食店側の諸経費も

DiDi Food 配達パートナー募集
【a】Uber Eats 配達パートナー募集

日本中にエリアが広がっていっているフィンランド発のWolt(ウォルト)!私個人的に一番好きなフードデリバリーサービスはWolt(ウォルト)と断言出来るくらい大好きなサービスです。

Wolt(ウォルト)に出店しているお店は、様々なこだわったお料理を扱っているお店ばかりなので、注文者も楽しんで注文することができます。

そんなWolt(ウォルト)に加盟・出店して仲間入りしたい!と思っている飲食店さんも多いのではないでしょうか?

  • Wolt(ウォルト)に飲食店として出店したい!
  • どんな流れで出店するの?
  • 出店する際の注意点が知りたい!

という方向けに、フードデリバリーサービスのWolt(ウォルト)に出店・加盟する方法について解説していきたいと思います!

Wolt(ウォルト)とは?

「Wolt(ウォルト)」とは2014年にフィンランドのヘルシンキで創業した、新しいフードデリバリーサービスです。現在は世界23カ国、100都市以上で利用することができる人気のフードデリバリーサービスです。

創業の地フィンランド・ヘルシンキは、低い人口密度や悪天候などによりデリバリーサービスにとって厳しい環境で知られています。Woltはその環境下において築き上げた、「業界最高水準の配達効率性」と、「30秒以内に初返答を行うチャットサポート」でこれまでフードデリバリーアプリ最高評価(アプリストア平均4.8点)を得ています!

30分程度の配達時間内に的確にお届けする事、また起こりうる問題に対してスピーディーかつ丁寧に解決を行う事で「世界最高の顧客体験」を提供しています。

日本では3月広島県広島市に進出し、札幌や仙台、東京などのエリアで利用することができます。大阪や神奈川などのエリアから日本上陸をするサービスが多いなか地方からサービスを展開してきた珍しいサービスです。

Wolt(ウォルト)に飲食店が出店するメリット

Wolt(ウォルト)に飲食店が出店・加盟するメリットはたくさんありますが、以下の3つはとても大きなメリットになるかと思います。

出店するメリット
  • サポートセンターによる爆速のチャット返信
  • Wolt(ウォルト)担当社員によるコンサルサービス
  • システムで注文の分析を行える

特に、Wolt(ウォルト)の最大の武器は「強固なサポート体制」です。問合せをチャットで行う事ができますが、問合せを送って30秒以内に初返答が返ってくるとても素晴らしいサポートがあります。

その場で解決しない場合でも、しっかり調べた上で必ず返答がありますので、ストレスなく対応を行う事が可能です。

そこらへんのコールセンターに委託していたり、アルバイトのスタッフが対応している訳ではありませんので、サポートからの返信も誰が対応しても問題なく正しい回答が返ってきます。

これは、注文者・配達員とのやり取りも同様なので、これから他のサービスと差別化することができ、フードデリバリー業界でも生き残る可能性が非常に高いかなと思います。

Wolt(ウォルト)に出店・加盟する流れ

Wolt(ウォルト)のレストランパートナーとして、出店・加盟する流れについて詳しくご紹介していきたいと思います。

出店・加盟する流れ
  1. フォームから申し込み
  2. Woltより1週間以内に連絡
  3. 電子サインでの契約
  4. メニュー提出
  5. 写真撮影
  6. iPadトレーニング
  7. 営業開始!

以下に詳しい飲食店がWolt(ウォルト)に出店・加盟する方法についてステップを追って解説していきます!

【STEP1】フォームから申し込み

事前に問合せをして、問題なければフォームから申し込みを行います。入力自体は3分で完了出来るので時間は取りません!

入力する項目は、以下の通りになっています。

フォームに入力する情報
  • 担当者名
  • 担当者電話番号
  • Eメールアドレス
  • お店の名前
  • お店の住所
  • 法人名/個人事業をご記入ください
  • あなたの国を選択してください
  • 運営都市をドロップダウンから選択ください
  • 実店舗ですか?バーチャルレストランですか?
  • どんなジャンルの料理を提供しますか?
  • デリバリーを既に導入されている場合:自社サイト、他社フードデリバリーいずれかのURLをご入力
  • 紹介の場合:紹介者の「店舗名」「名前」「メールアドレス」「電話番号」分かる範囲で入力

【STEP2】Woltより1週間以内に連絡

【STEP1】で送信したフォームの内容を確認して、1週間以内にWolt(ウォルト)の担当者より連絡があります。

サービスや、費用についてなど詳しい情報が解説してもらい、質問などがあればこちらで確認をすることができます。

例えば、この段階で自社にメリットが無いと感じた場合には、契約しないという選択を行う事も出来ます。また、Wolt(ウォルト)では3ヶ月のトライアル期間が設けられており、途中で解約したとしても違約金や解約金がかかる事もありませんので、安心して始める事ができます。

【STEP3】電子サインでの契約

解説してもらった内容を確認して問題がなければ、次のステップに進みます。

Wolt(ウォルト)の営業担当から契約書を「電子サイン」システムより送付されてきますので、署名をして契約を行います。

契約は対面ではなく、オンラインで完結することができますので連絡を待ちましょう。

【STEP4】メニュー提出

Wolt(ウォルト)に掲載するメニュー表を準備しましょう。メニューを設定する時には以下のポイントがありますので事前にチェックしましょう!

メニュー作成のポイント
  • 「20-30品目」を強く推奨
  • 「セットメニュー」を強く推奨
  • 「オプションやドリンク」を強く推奨
  • 「店頭金額」を推奨
  • お客様の負担との「バランスを加味」
  • 「新規顧客が多い」ことを意識

【STEP5】写真撮影

後、Wolt(ウォルト)提携カメラマンが日程調整を行って、写真撮影に来てもらいます

時間は2時間(約30品まで)で撮影が可能です。費用は無料となっていますので、きれいなお写真を安心して撮影してもらいましょう!

もし、時間の都合がつかないなどの場合は自前で写真を用意する事も可能ですが、自前で撮影した画像はWolt(ウォルト)側の審査を通過しなければなりません

【STEP6】iPadトレーニング

Wolt(ウォルト)掲載担当より従業員向けの「受注用iPadトレーニング」について案内があります。オンラインもしくは指定店舗(エリアによって)にて実施されます。

受注アプリ専用のiPad(第8世代10.2インチ)の購入が必要となりますが、サービス開始4ヶ月目以降、売上から控除(毎月売上の最大50%)、もしくは一括購入することができます。売上から控除選択した場合は売上が発生しなかった場合には代金は引かれる事はありません。

購入ではなくリース契約を希望の場合は、手数料35%での契約が必要となりますので購入を検討する方が良いかと思います。

受注用iPadの費用

Wi-Fiモデル:¥33,000(+税)
→店内にWiFi環境が構築されている場合

Simフリーモデル:¥47,000(+税)
→通信代金が別途¥250(+税)/週発生します。

【STEP7】営業開始!

iPadのトレーニングが完了して、いつでも受注出来る状態になったら出店の準備完了です!サービス開始後からWolt(ウォルト)上で営業開始となります🎉

Wolt(ウォルト)では、TVCMなどのマス広告にも力を入れているため、営業開始当日から注文が入る事も多いようです。

Wolt(ウォルト)の加盟・出店に必要な諸経費

Wolt(ウォルト)の加盟・出店に必要な諸経費は以下のような形になっています。最初に初期費用がかからないので、導入のハードルが低いので安心です!

必要な諸経費
  • 掲載費用は永久無料
  • デリバリーの手数料は販売価格の30%
  • テイクアウトの手数料は販売価格の20%
  • 受注iPadはWi-Fiモデル:¥33,000(+税)

掲載費用は永久無料

Wolt(ウォルト)では、出店・加盟するための掲載費用は永久無料となります。

更に、Wolt(ウォルト)には3ヶ月のトライアル期間が設けられていて、その期間内はiPadなどの請求も発生せず、売上に対する手数料のみ発生します。

トライアル期間中に解約したとしても、別途費用はかかりませんので安心して利用することが可能です!

販売価格に対する手数料

Wolt(ウォルト)では、注文者が注文した金額に対して、一定の割合で手数料が引かれます。「デリバリーの手数料」と「テイクアウトの手数料」はそれぞれ異なり、デリバリーの場合の方が高い設定になっています。

ただ、こちらは成果報酬制となっており、販売しなければ手数料がかかる事もありませんので、原価の計算を誤らなければ必ず売上はプラスになります。

販売価格に対する手数料

デリバリーの手数料
ユーザー販売価格(税込)の30%+消費税

テイクアウトの手数料
ユーザー販売価格(税込)の20%+消費税

受注iPadの費用

受注アプリ専用のiPad(第8世代10.2インチ)の購入が必要となりますが、サービス開始4ヶ月目以降、売上から控除(毎月売上の最大50%)、もしくは一括購入することができます。売上から控除選択した場合は売上が発生しなかった場合には代金は引かれる事はありません。

購入ではなくリース契約を希望の場合は、手数料35%での契約が必要となりますので購入を検討する方が良いかと思います。

受注用iPadの費用

Wi-Fiモデル:¥33,000+消費税
→店内にWiFi環境が構築されている場合

Simフリーモデル:¥47,000+消費税
→通信代金が別途¥250(+税)/週発生します。

Wolt(ウォルト)に出店・加盟する流れ まとめ

Wolt(ウォルト)に出店するには、まずはフォームから送信してスタートします。導入までは契約後最短7日で開始することができますので、急いでいる方にもピッタリです!

初めてフードデリバリーを導入するという店舗にも強固なサポート体制がありますので、安心して始める事ができます。

また、3ヶ月間のトライアル期間もあり、途中で解約したとしても違約金や解約金がかかる事もありませんので安心です!

これから導入しようと考えている方の参考になりますと幸いです!

カテゴリー:

人気のフードデリバリーサービス

Uber Eats(ウーバーイーツ)

【a】Uber Eats  フード注文

利用できる範囲も広くて、利用可能時間も長い!加盟店もチェーン店から個店まで幅広く、えらべるお料理もたくさん!どうしてもお料理するのが面倒…コンビニも飽きた…なんて時はUber Eats(ウーバーイーツ)で決まり!

foodpanda(フードパンダ)

foodpanda 初回注文

クーポンがたくさん出ているので、とってもお得に注文できるのでお勧めです!foodpanda(フードパンダ)はパンダマートと呼ばれる食料品や日用品も注文できるので、ネットスーパーのような感覚でも利用できます!

menu(メニュー)

初回購入[menu]【iOS】

menu(メニュー)は国産のフードデリバリーサービスなので、アプリが使いやすいのが特徴です!他のデリバリーサービスにはない有名店や人気店も多数掲載されているので、いつものフードデリバリーに飽きちゃった…という方にお勧めです!!

関連記事