【解説】デリバリーmenu(メニュー)に店舗が出店する方法

DiDi Food 配達パートナー募集
【a】Uber Eats 配達パートナー募集

国産のフードデリバリーアプリmenu(メニュー)は、2020年4月20日より、全国を対象にmenuのTVCMの放映をしていて認知度がアップしてきています。

コロナウイルス感染症の拡大で、かなりフードデリバリーやテイクアウトの二ーズが高まっている中で、導入を検討している店舗の方も多いのではないでしょうか?

  • 実際のところmenu(メニュー)に出店したら何をするの?
  • どれくらい出店に費用がかかるの?
  • どんな流れで出店するの?
  • 注意点とかある?

というような疑問を徹底的に解決します!

テイクアウト&デリバリーアプリmenu(メニュー)とは?

menu(メニュー)は、スマホ1つで様々なお料理を注文できるサービスです。テイクアウトとデリバリーの2種類から選ぶことができ、ニーズにあわせてお料理を配達してもらったり、取りに行くことができます。

身近なあのお店や、みんながよく知る有名店・人気店のお料理も手軽に楽しむことができます!

位置情報を元にしたマップでお届け先を指定して、お店とメニューを選んだら、あとは注文を待つだけという手軽さで、配達クルー(配達員)がどこにいるかマップ上で確認でき、到着目安がわかります。

menu(メニュー)で注文を受け付ける方法

menu(メニュー)で注文を受けるのは、タブレットのアプリ経由となります。タブレットはmenu(メニュー)から貸し出されるものを使うことができます。

以下に注文が入ってから、調理完了して配達員に渡すまでの流れをご紹介いたします。

タブレットへ通知

お客様から注文が入ると、タブレットへ通知が入ります(自動電話の選択も可能)。
通知が届きアプリを開けばお客様の注文が確認できます。オーダーを確認して「注文を受け付ける」ボタンを押しましょう!

ワンタップで受付

注文受付、注文キャンセルを選択可能、一度受付をすれば決済されます。(クレジット払いの場合)その他、

  • 5分間受付・キャンセルを選択しなければ自動キャンセル
  • 受付停止、再開を選択可能
  • 混雑時、大量注文時は調理時間延長が可能

といった機能がついています。

調理完了

なるべく温かくておいしい料理を提供するために、お渡し時間の5分前に料理を完成させましょう。

調理完了ボタン

調理が完了したら「調理完了」をタップ!自動的にお客様にも通知が届きます。

お客様/配達員来店

お渡し時間前後にお客様または配達員が来店します。スムーズにご案内お願い致します。
注文数が増えてきたら専用の受け渡し場所を設置することをおすすめします。

料理お渡し完了

調理完了ボタンを押すと注文データは「注文履歴」へ移動します。商品をお渡しして終了となります。

menu(メニュー)に店舗が出店する際にかかる費用・手数料

menu(メニュー)に店舗が出店する際にかかる費用はテイクアウト・デリバリー共に一緒ですが、手数料が異なります。以下に詳しくご説明いたします。

デリバリーの場合

  • 初期設定費用:通常5万円⇒0円
    (写真撮影費用、タブレットレンタル費用、初期設定費用)
  • サービス手数料:通常33%⇒20%
    (2020年4月13日~2022年3月末までの期間限定)
  • クレジットカード手数料:通常3%⇒0%
    (2020年4月13日~2022年3月末までの期間限定)
  • 振り込み手数料:440円(一律)

テイクアウトの場合

  • 初期設定費用:通常5万円⇒0円
    (写真撮影費用、タブレットレンタル費用、初期設定費用)
  • サービス手数料:通常13%⇒0%
    (2020年4月13日~2022年3月末までの期間限定)
  • クレジットカード手数料:通常3%⇒0%
    (2020年4月13日~2022年3月末までの期間限定)
  • 振り込み手数料:440円(一律)

店舗が申込をしてから掲載までの流れ

レストラン・店舗がお申し込みをしてから出店(掲載)が完了するまでの流れは以下の通りです。わからないこと、気になることがあれば、サポートのスタッフが詳しく説明してくれるので安心して出店を行うことができます。

オンラインでの申込み

menu(メニュー)の申し込みフォームに会社情報、店舗情報等を入力して、申込を行います。規約や注意事項をしっかり確認してから申込を行ってください。

入力したメールアドレスか、電話番号にmenu(メニュー)の担当者から数日以内に連絡がきます。

初回掲載フォーム

店舗名、商品名、商品説明文、価格、調理時間、オプション等を資料に入力します。掲載する価格は10%税込となります。

この掲載した情報を元に、レストランの運用やメニュー開発などのアドバイスも行ってくれるようです。外部の人から客観的な目線で指摘をもらえる機会はなかなかないので、活用できることもあるかもしれません。

また、価格の整合性を確認するため、お品書きの画像データもしくはホームページURLの提供が必要になります。

写真撮影

プロのカメラマンを派遣してもらって、お料理を撮影してもらえます。

既存でお持ちの画像等の使用も可能ですが、menu(メニュー)規定のレギュレーションに沿っているものしか使用することができません。menu(メニュー)から送付されてくるマニュアルにしたがって撮影を行い、撮影したデータをmenu(メニュー)の担当者にメールで送付します。

撮影する商品は、必ず店内でイートインする際に使う食器などでの撮影がマストになります。テイクアウト容器・食器での撮影はNGです。

スマホなどのカメラでも撮影は可能ですが、可能であればデジタルカメラなどの性能・画質の良いカメラで撮影することをおすすめします。

タブレット操作説明

タブレット端末と操作説明マニュアルが店舗へ郵送させれてきますので使い方を覚えます。操作説明の動画もあるので、実際に端末を触ってみながら使い方をなんとなく覚えていきます。アプリはかなり直感的に使うことができるので、そんなに難しい操作はありません。

もし使い方がわからない、最初は不安…という場合は、電話での説明を行ってもらうことも可能です。

掲載完了!

上記のステップで掲載は完了できます。お申込みから平均2週間で利用をスタートすることができます。

郵送にて、販促グッズ(三角POP、ポスター、ステッカー)が届くので、店頭ステッカーを貼ったり、ポップを目立つところに配置したりして、menu(メニュー)を導入したことをアピールしましょう!

関連記事 「menu(メニュー)」とは?デリバリー&テイクアウトアプリ

menu(メニュー)に出店する際の注意点

menu(メニュー)にレストラン・店舗として出店するには3つの条件と注意点があります。もちろん、営業さんから詳しく説明があるかと思いますが、ここで事前にご説明しておきます。

事前に設定した営業日は必ずログインする

店舗側で事前に設定した、営業日は必ずログインする必要があります。注文が殺到したから、お店が忙しいから、といってログアウトしたり注文を受け付けないという状態にすることはできません。

必ず設定した営業日は対応するようにしましょう。

テイクアウト価格は店頭価格より高く設定しない

テイクアウトに限ったことですが、お料理や商品の値段が、お店で提供している価格より高くならないようにしましょう。商品の登録を行う際に、価格の整合性を確認するため、お品書きの画像データもしくはホームページURLの提供が必要になります。

お店の価格より、テイクアウトの金額の方が高い…というお店を利用したいとは思わないですよね。テイクアウト用にメニューの開発を行うことは可能なようですので、そこで価格のコントロールをするようにしましょう。

デリバリーの場合は価格が高いとNGという決まりはないようです。原価の計算をして商品を登録しましょう。

通信費・振込み手数料は店舗負担

売上の振込みを行う際の振込手数料(440円一律)と、注文を受ける時に使うタブレットの通信費は店舗側で負担する必要があります。

もし店舗にwi-fi環境が無い場合は、wi-fiモデルのタブレット端末をお貸し出ししており、別途下記料金を支払うことで利用できます。

  • 「初期費用」1,650円(税込)
  • 「通信料」menu売上代金の3%(上限1,100円(税込)まで)

menu(メニュー)で飲食店が売り上げアップするポイント

Instagramと連携して注文画面への誘導を増やす

menu(メニュー)では、Instagram(インスタグラム)から簡単に注文を行うことのできる誘導を設置することができます。

アクションボタンやスタンプをタップすると、店舗のInstagramから「menu(メニュー)」アプリの店舗ページへと遷移させることで、レストランのお料理を簡単に購入することが可能となります。

10分以内に調理が完了するメインメニューを用意する

早く出来上がる商品1品準備するだけで、注文量に影響します。

メインメニューを「3品以上」提供できるようにする

メインメニューのバリエーションを増やすことで、店舗の詳細ページ内で商品を選ばせることができます。それによって、注文意欲の工場につながります。

ピークタイムの営業時間を公開する

ランチタイム・ディナータイムに積極的に営業することで収益のアップが見込めます。

「店頭価格10%OFF商品」「お得なオリジナルメニュー」のご提供

通常お店で食べるよりもお得に注文できるメニューは初めての注文のきっかけ作りになります。

menu(メニュー)に店舗が出店する方法 まとめ

menu(メニュー)に店舗が出店するには、以下のような流れとなっています!掲載までは約2週間ほどとなっているようですので、スピーディに出店できるというところは大きな魅力ですね。

  1. 掲載のお申し込み
  2. 掲載原稿の入力
  3. 商品撮影
  4. タブレット受け取り
  5. 利用スタート

出店をおこなうのに特に事前に準備などは必要なく、営業許可証さえあれば出店することあできます。まずは出店に関する問合せをしてみることをおすすめします。

カテゴリー:

人気のフードデリバリーサービス

Uber Eats(ウーバーイーツ)

【a】Uber Eats  フード注文

利用できる範囲も広くて、利用可能時間も長い!加盟店もチェーン店から個店まで幅広く、えらべるお料理もたくさん!どうしてもお料理するのが面倒…コンビニも飽きた…なんて時はUber Eats(ウーバーイーツ)で決まり!

foodpanda(フードパンダ)

foodpanda 初回注文

クーポンがたくさん出ているので、とってもお得に注文できるのでお勧めです!foodpanda(フードパンダ)はパンダマートと呼ばれる食料品や日用品も注文できるので、ネットスーパーのような感覚でも利用できます!

menu(メニュー)

初回購入[menu]【iOS】

menu(メニュー)は国産のフードデリバリーサービスなので、アプリが使いやすいのが特徴です!他のデリバリーサービスにはない有名店や人気店も多数掲載されているので、いつものフードデリバリーに飽きちゃった…という方にお勧めです!!

関連記事