foodpanda(フードパンダ)はどれくらい稼げる?

DiDi Food 配達パートナー募集
【a】Uber Eats 配達パートナー募集

2020年9月に日本上陸した、フードデリバリーサービスのfoodpanda(フードパンダ)。

配達員(配達ライダー、pandaライダー)として働きたいと考えている人もいらっしゃるのではないでしょうか?

実際にfoodpanda(フードパンダ)でどれくらいの報酬・給料が見込めるのかの予想を立ててみましたので、参考にしてみてください。

関連記事 foodpanda(フードパンダ)で休憩の申請をする方法

foodpandaで配達員になる

日本中でエリアが随時拡大されているfoodpanda(フードパンダ)!Uber Eats(ウーバーイーツ)などの他のデリバリーサービスとも兼業可能なので、登録だけでもぜひ!!!

1時間だけでも6時間でも、稼働時間を自由に決めて、自分の時間を調整することができます。

foodpanda(フードパンダ)の配達でどれくらい稼げる?

foodpanda(フードパンダ)ってどれくらい稼げるの?という疑問が多くて、配達員の登録を躊躇しているという方も多いようです。

SNSでは、リリース当初はなかなか鳴らない、というツイートをよく見かけていましたが、実際のところ、少しづつ広告などで認知度が上がってきているため、そこそこ稼げるようになってきています。時給保証もあるのも相まって、鳴らない時間があったとしても時給が0になることも無いので、安心してシフトに入ることができます。

SNSなどをみていると、大体時間あたり、1200〜1500円ほど稼いでいる配達ライダーの方が多いようです。長い時間シフトに入っている方は、時給にならすと、時給保証の1000円は超える方が多いようです。配達一回で750円ぐらいになることも多いようです!

(フォロワーさんの情報をおかりしています)

関連記事 foodpanda(フードパンダ)の最低時給保証を解説!

foodpanda(フードパンダ)で稼ぎに差が出る要素

どんな要素で稼ぎに差が出るのか気になる方も多いかとおもいます。3つの軸が決定的な要素になっているので、詳しくご説明していきます。

配達する車両による

foodpanda(フードパンダ)の配達に関しては、自転車よりもバイクで配達している方が圧倒的に配達依頼の回数が多いようです。配達エリアの広さに対して、バイクの配達員が少ないという理由が考えられます。

同じ場所で待機しているライダーでもバイクで配達を行っている方の方が注文が入りやすいようです。

配達する車両は初回に登録してからも、foodpanda(フードパンダ)はアプリ(Roadrunner)から変更することができます。自分が自転車で配達をしているという方は、バイクでの配達に切り替えることも検討してみると良いかもしれません。

移動のスピードが稼ぎやすさに影響する

配達が完了するまでの時間も、時給の時間に換算されますので、個人の配達や配達する車両によって配達効率が変化します。

車両のスペックによってももちろん稼ぎやすさは変わります。坂道や、長い距離の配達になってくると、自転車を漕ぐ体力がある方、クロスバイクやバイクで配達を行っている方の方が、早く配達を行うことができますので、その移動スピードも稼ぎやすさに関わってきます。

配達しているエリアによって変わる

配達を行っているエリアによっても、稼げる金額は変わるようです。

現在リリースされているエリアでは、神奈川県横浜市が一番稼げるという声をよく聞きます。いくつかのフードデリバリーのサービスが競合しているエリアは、注文も多く入りやすいようです。以外な穴場は、広島エリアです。広島の配達ライダーが不足しているため、foodpanda(フードパンダ)の本国が、広島限定でプロモーションを打ったりしています。

2020年10月22日から、ヒートマップを確認できる昨日が追加されました。注文が集中しているエリアを、地図から確認することができるようになっているので、その機能を使って効率的に稼ぐ方法を考えてみるのもいいかもしれません。

関連記事 foodpanda(フードパンダ)の現金配達の仕組みと注意点

もっと稼ぎたい場合は?

もっと稼ぎたい!と思っている方は、是非foodpanda(フードパンダ)とUber Eats(ウーバーイーツ)の兼業をおすすめします。理由はいくつかありますが、以下の3点が大きな理由になります。

  1. 配達エリアがかぶっていることが多い
  2. foodpandaは鳴らない時も時給保証がある
  3. 受ける、キャンセルするを選べる

foodpanda(フードパンダ)とUber Eats(ウーバーイーツ)の兼業で、4日間の稼働で105,567円も稼いだという配達員の方もいらっしゃいます!

兼業する場合には、エリアの兼ね合いで、自転車での稼働をおすすめします。バイクで稼働してしまうと、foodpandaのエリアから外れてしまって稼ぐことができなくなってしまうので、自転車での登録で兼業するとより稼ぎやすくなります。

まだ、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの登録をしていないという方は、是非以下のボタンから登録してみてください。

関連記事 foodpanda(フードパンダ)配達員登録の必要書類一覧

foodpanda(フードパンダ)の報酬体系は?

foodpanda(フードパンダ)の配達報酬は、配達員(配達ライダー)によって差があります。以下の6つの要素が個人で評価され、それに伴った報酬体型で計算される仕組みとなっています。

  • 配達する距離
  • 配達車両
  • 配達エリア
  • 配達している時間(ピークタイム)
  • 応答率
  • ランク

配達する配達ライダー(配達員)がいる場所や、配達車両、ランクなど様々な要素が複雑に絡み合って評価がされるような形になっているので、1回の配達報酬には個人差があります。

また、foodpanda(フードパンダ)には1時間ごとの保証金があります。つまり、最低時給の保証があります。時給保証がされるのは、1時間にはたらいた報酬が1,000円に満たない場合に、1,000円に足りない分の差額が保証される仕組みとなっています。

シフトの時間を元に計算されるため、シフトの合計時間分が時給保証の対象になります。ただ、時給保証の条件がいくつかありますので、その条件をクリアできた場合のみ支給されます。

foodpanda(フードパンダ)の配達報酬の仕組みと、時給保証の詳細についてはこちらの記事でまとめていますので、参考にしてみてください。

関連記事 foodpanda(フードパンダ)の配達報酬の仕組み

報酬の支払い日(給料日)は?

foodpanda配達員(配達ライダー)の報酬の受け取りは【毎週翌月曜日】となっています。報酬の支払いまでに、3日程かかる場合があるそうなので、木曜日になっても報酬(給料)が振り込まれない場合には、サポートに連絡する必要があります。

報酬は、現金払いでの注文で受け取った分の金額が引かれた金額が振り込みされますので、実際の配達報酬よりも少ない金額の場合が多いです。

また、紹介手当については、【毎月5日】に前月分のの支払い手続きがされますので、週ごとの受け取りではないので注意しましょう。

関連記事 foodpanda(フードパンダ)は個人事業主?雇用形態を解説!

税金や年金などはどうなる?

foodpanda(フードパンダ)は、正社員やアルバイトといった「雇用契約」を結ぶことなく、個人事業主として働くことになります。

そのため、税金や保険、年金などの天引きを受けることはできません。そのため、自分で、どれくらい税金や保険、年金が引かれるのか計算して、手取りの金額から残しておく必要があります。

もちろん社会保険に加入することもできないので、ご自身で国民健康保険に加入して支払う必要があります。健康保険に入らないと、事故や病気の時に自分で全額医療費負担する必要があるので、注意しましょう。

関連記事 foodpanda(フードパンダ)は個人事業主?雇用形態を解説!

まとめ

foodpanda(フードパンダ)では、SNSなどをみていると、大体時間あたり、1200〜1500円ほど稼いでいる配達ライダーの方が多いようです。長い時間シフトに入っている方は、時給にならすと、時給保証の1000円は超える方が多いようです。

配達しているエリアや、配達している時間、車両のスペックなどによっても稼げる金額は変わってきます。

もっと稼ぎたい!という方は、配達エリアがかぶっているUber Eats(ウーバーイーツ )と兼業してみることも検討してみると良いかもしれません。登録がまだ!という方は、簡単に登録は行うことができますので、是非こちらから登録してみてくださいね!

関連記事foodpanda(フードパンダ)の配達ライダー(配達員)拠点

関連記事