Wolt(ウォルト)配達パートナー適正テストの難易度と攻略法を解説

DiDi Food 配達パートナー募集
【a】Uber Eats 配達パートナー募集

Wolt(ウォルト)の配達員に登録しようとしている人は、TwitterなどのSNSでテストがあると噂に聞いたかもしれません…!
そうなんです、Wolt(ウォルト)の配達パートナーとして働くには「適正テスト」があります!

  • Wolt(ウォルト)の配達パートナー適正テストの内容は?
  • 合格の基準や、再テストについて知りたい!
  • どんな問題が出るのか気になるから出題傾向を教えて!

という方向けに、この記事でWolt(ウォルト)配達パートナー登録の「適正テスト」について詳しく解説していきます!

「合格できないとどうなるの…」とか、「適性テストってなんか視力検査とかの身体検査があるの…?」と不安な気持ちがあるかと思いますが、この記事を読めば全体像が理解できると思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

この記事では、出題される問題を掲載することはありません!あくまでも傾向と対策をご案内していますので悪しからず…!また、情報は2021年7月現在の情報になっていますので、改変される可能性があります!定期的に更新していく予定ですが、受験される状況によっては内容や出題数が変更になっている可能性もございます。

Woltで働きませんか?

配達未経験の方でも安心の爆速サポートと、ホスピタリティの高いサービスでとっても人気のWolt(ウォルト)!

お客様から配達パートナーの顔写真と名前は見えないので、女性でも安心して働く事ができますよ。「シフト自由」「服装・髪型自由!」「サポート・保証もバッチリ」で働きやすさも100点満点♪

\ 招待コード【 Y8HYC 】を入力して登録 /

Wolt(ウォルト)配達パートナー登録には適正テストがある!

フードデリバリーサービスのWolt(ウォルト)の配達パートナー(配達員)として働くためには、「適性テスト」を受験して合格する必要があります!

他のデリバリーサービスではなかなかテストは無いと思いますが、Wolt(ウォルト)に登録しようとしている配達員は全員テストを受ける必要があり、テストに合格しないと他のステップに進むことができないという仕組みになっています。

適性テストは、Googleフォームというオンラインで受験します。基本的にはメールで送られてきたリンクから、回答をすすめることができます。回答に必要な時間は人によるかと思いますが、15分程度かなと思います。

テストはスマホやPCから回答できる形となっていて、「選択」もしくは「記述式」となっています。直接どこかに行って口頭で出題されたのに回答したり、身体的な検査が行われるわけではありませんので安心してくださいね☆彡

Wolt(ウォルト)配達パートナー適正テストのタイミングは?

Wolt(ウォルト)の配達パートナーに登録する手順は以下の通りとなっていますが、適性テストのタイミングは、Zoom(オンライン)での配達員になるための説明会の後となります。

メールで適正テストを受験するためのリンクが送信されてきますので、任意のタイミングで受験することができます。受験が遅れると、その後に残っている手続きが遅れるので、早く配達員の登録を終わらせたい人は早めに受験することをおすすめします。

  • 配達員登録フォームからWeb登録
  • 配達パートナー説明会に参加(Zoom)
  • ここで受講します配達パートナー適正テストを受講
  • 個人情報登録・必要書類をアップロード
  • 配達パートナー業務委託契約書にサイン
  • 配達アプリの説明動画を視聴
  • エリア拠点で配達専用バッグ等を受け取る
  • アカウント有効化!配達開始!

以下のようなメールが届きますので、自分のタイミングでリンクをクリックして受験することができます。

適正テストの合格発表はいつ?

Wolt(ウォルト)配達パートナー適正テストの合格発表は、適性テストの回答画面の次の画面にすぐに表示されます

受験したその場で「スコアを表示する」というボタンが表示されますので、そのボタンをクリックすると自分が回答したものの合否がわかります!

(ちょっと「スコアを表示する」ボタンを押すのはドキドキしました…笑)

適正テストに合格できないとどうなるの?

Wolt(ウォルト)の配達パートナー適正テストに合格できないとシンプルに、配達員として登録することが出来ません

フードデリバリーサービスのWolt(ウォルト)は『おもてなし』を重視しているため、配達員の質にもとてもこだわっています。もちろん、交通ルールを守る、お客様に丁寧に対応する、という所は当たり前ですが、配達員が問題が起きた時に適切な判断を下すことができるのか、というところをこの適性テストでは見られている気がしました。

再テストを受けることはできるの?

Wolt(ウォルト)の配達パートナー適正テストの再テストの可否について、パートナー説明会の際に確認しましたが、残念ながら再テストを受験することはできないそうです。チャンスは1回だけです…!

また、Wolt(ウォルト)の厳しい所は、1回適正テストに落ちたら、もう一回最初から配達員の登録をすれば良いんじゃないの…?と思う所ですが、「配達パートナーの再登録はご遠慮いただいている」とのことでしたので、二度とWolt(ウォルト)の配達パートナーになることはできなくなってしまいます

なので、頑張ってWolt(ウォルト)配達パートナー適正テストに合格する必要があります!

Wolt(ウォルト)配達パートナー適正テストの難易度は?

この記事を書いている私も、Wolt(ウォルト)配達パートナー適正テストをもちろん受験ました!結果は以下の通り満点(30/30点)でした!

配達員としての必要最低限の内容がほとんどなので、さほど難しくは無いと思います。ところどころ、引っ掛け問題みたいなものがあるので、悩む所はあるかもしれませんが、難易度は「低寄りの中」という所でしょうか。

ただ、ココで注意しておきたいのが、合格ラインは30問中27問以上というところです。間違えることができるのは2問まで!3問間違えると二度と配達員の登録を行うことが出来ません…!

厳しい条件を課されていると、配達員の意識も高くなりますし、最低限の足切りになるかもしれませんね…!

適性テストの傾向や内容については、次項にて詳しく説明していきます!

適正テストの出題傾向や内容は?

Wolt(ウォルト)配達パートナーの適正テストの出題内容は、以下の3つに分類出来ます。

  • 一般的な交通ルールについて
  • Wolt(ウォルト)の配達員の仕組み・報酬について
  • Wolt(ウォルト)配達中の問題対処の方法について

基本的には3〜4つの候補から1つ選択するような形のものが多く、約8割はそのような形での回答になります。残りは、◯✕から選択する形で回答を選択するもの、記述式の問題がありますので自分で文章を考えて回答するものもあります。

おそらく、自転車で配達する場合もバイクで配達する場合も、軽貨物車両で配達する場合もテストの内容は一緒だと思われます。

引っ掛け問題や、紛らわしいような問題も多くありますので、しっかり回答があっているか、確認を行ってから回答を送信するようにしましょう!

回答に時間制限はありませんので、ゆっくりじっくり考えて回答しましょうね!

配達パートナーの適正テストに合格するためのコツ

Wolt(ウォルト)配達パートナーの適正テストに合格するためのコツは、私が思うに以下の3つです!

  • 説明会の内容をしっかり聞いてメモを取る!
  • Web説明会を受けたらなるべく早めに受験する!
  • 道路標識や交通ルールについて勉強しておく

詳しく一つづつ解説していきます!

【合格のコツ①】説明会の内容をしっかり聞いてメモを取る!

配達パートナーの適正テストに出題される内容のほとんどは、Zoom(オンライン)で行われるWeb説明会の内容がほとんどです!

Web説明会は1時間ほどとなっており、そこそこ長いので退屈しそうなところですが、その説明会をしっかり聞いていない人は合格することが出来ません!しっかり聞いて、内容を必ずメモしておくようにしましょう。

◯時〜、◯回、など数字が出てくる所は、出題されやすいかと思いますので、1時間の中で何回も数字が出てくるので覚えておくのが難しそうな方も多いかと思いますので、しっかりメモを取りましょうね!

(私もしっかりメモを取っていたので満点だったと思います!)

【合格のコツ②】Web説明会を受けたらなるべく早めに受験する!

先に述べたように、Zoom(オンライン)で行われるWeb説明会の内容がほとんどなので、覚えているうちに早めに受験することをお勧めします!

時間が経てば経つほど、記憶は曖昧になっていくかと思いますので、記憶が新鮮なうちに勢いで受験してしまうのが良いかなと思います。

エンビングハウスの忘却曲線にある通り、20分で半分くらい忘れてしまうみたいなので、Web説明会が終わって、メールが比較的すぐ届くので、受信を確認したらその場で受けてしまいましょう!

https://ryugaku-kuchikomi.com/blog/ebbinghaus-the-forgetting-curve/

【合格のコツ③】道路標識や交通ルールについて勉強しておく!

おそらく、自転車で配達する場合もバイクで配達する場合も、軽貨物車両で配達する場合もテストの内容は一緒だと思われます。

私は自転車で登録をしたのですが、自動車の交通ルールについての出題や、道路標識についての出題もありました!最低限の道路標識や交通ルールについては勉強しておくことをお勧めします。

個人的には、見たこともないような道路標識も出題されたりしたので、道路標識一覧くらはざーっと目を通しておくと良いかと思います。シンプルに、配達をする時にも役にたつことなので、勉強しておいて損はないですね。

原付の免許のテスト問題とかをしておくとバッチリかもしれないですね。普段運転をしている人はちょっと有利かもしれません。笑

(私は特に事前勉強はありませんが、迷った問題がありました…!笑)

Wolt(ウォルト)配達パートナー適正テスト まとめ

いかがだったでしょうか?ちょっと大変そう…と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、私はノー勉で満点だったのでそんなにプレッシャーを感じなくても大丈夫だと思います!

フードデリバリーサービスのWolt(ウォルト)の配達パートナー(配達員)として働くためには、「適性テスト」を受験して合格する必要がありますので、必ず全員受ける必要があります!

また、テストに合格しないと配達員になることができない&二度と配達員に鳴ることができないため、テストは一発勝負となりますのでがんばって取り組みましょう!

Wolt(ウォルト)配達パートナーの適正テストに合格するためのコツは、私が思うに以下の3つです!

  • 説明会の内容をしっかり聞いてメモを取る!
  • Web説明会を受けたらなるべく早めに受験する!
  • 道路標識や交通ルールについて勉強しておく!

当たり前のことですが、しっかり当たり前のことができる人が素晴らしいことだと思いますので、参考にしてみてくださいね。

よかったら、トドメシのTwitter(@todomeshi)でも定期的に情報発信していますので、ぜひフォローをお願いします!

Woltで働きませんか?

配達未経験の方でも安心の爆速サポートと、ホスピタリティの高いサービスでとっても人気のWolt(ウォルト)!

お客様から配達パートナーの顔写真と名前は見えないので、女性でも安心して働く事ができますよ。「シフト自由」「服装・髪型自由!」「サポート・保証もバッチリ」で働きやすさも100点満点♪

\ 招待コード【 Y8HYC 】を入力して登録 /

カテゴリー:

人気のフードデリバリーサービス

Uber Eats(ウーバーイーツ)

【a】Uber Eats  フード注文

利用できる範囲も広くて、利用可能時間も長い!加盟店もチェーン店から個店まで幅広く、えらべるお料理もたくさん!どうしてもお料理するのが面倒…コンビニも飽きた…なんて時はUber Eats(ウーバーイーツ)で決まり!

foodpanda(フードパンダ)

foodpanda 初回注文

クーポンがたくさん出ているので、とってもお得に注文できるのでお勧めです!foodpanda(フードパンダ)はパンダマートと呼ばれる食料品や日用品も注文できるので、ネットスーパーのような感覚でも利用できます!

menu(メニュー)

初回購入[menu]【iOS】

menu(メニュー)は国産のフードデリバリーサービスなので、アプリが使いやすいのが特徴です!他のデリバリーサービスにはない有名店や人気店も多数掲載されているので、いつものフードデリバリーに飽きちゃった…という方にお勧めです!!

関連記事