Uber Eats(ウーバーイーツ)レストラン パートナーになるための問い合わせ方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)レストラン パートナーになるための問い合わせ方法
DiDi Food 配達パートナー募集
【a】Uber Eats 配達パートナー募集

2016年に日本に出店してから、どんどんエリアの拡大が進んでいるUber Eats(ウーバーイーツ)。2020年現在、日本で一番利用されているフードデリバリーサービスとなりました。

コロナウイルス感染症拡大にともなって、自粛を余儀なくされている期間が多かったため外食ではなく、家食としてフードデリバリーを使ってレストランを活用する方が増えてきています。現在は新しい外食の形として定着してきており、Uber Eats(ウーバーイーツ)のヘビーユーザーも増加傾向にあるようです。

飲食店としてもその波に乗らない手はないのではないでしょうか?早く始めている飲食店では、毎月数十万円もUber Eats(ウーバーイーツ)で収益を出しているところもあります。

この記事では、Uber Eats(ウーバーイーツ)レストラン パートナーになるための問い合わせ方法について詳しくご紹介していきます。

関連記事 Uber Eats(ウーバーイーツ)を飲食店が導入するデメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店したい!

Uber Eats(ウーバーイーツ )とは、2010 年に米国サンフランシスコにある企業「Uber(ウーバー)」が運営している、フードデリバリーサービスです。2016年に日本に上陸して現在ではフードデリバリーサービスのシェアは日本一になっています。

フードデリバリーサービスとは、昔からある出前サービスのようなイメージで、注文者のところにレストランでつくったお料理を配達するようなサービスです。いままでの出前と大きく異なる点は、配達専門のスタッフ(配達パートナー)が、様々な飲食店のお料理を配達してくれるというところです。飲食店側で配達スタッフを雇用していなくても、出前サービスを利用できるというところが、最大のメリットです。

Uber Eats(ウーバーイーツ )に出店している飲食店・レストランのことを、レストランパートナーと呼びます。

日本では 2016年9月に東京からサービスが利用できるようになっており、現在日本でのレストランパートナーの数も右肩上がりで増えてきています。コロナでの自粛が追い風となって、現在では新しい飲食店の売り上げ確保に一役買っている状態です。

 関連記事 Uber Eats(ウーバーイーツ )に店舗が「出店」する方法

Uber Eatsレストランパートナー登録の問合せ先

Uber Eats(ウーバーイーツ)ん出店するためには、まずはフォームにお店の情報や連絡先をUber Eats(ウーバーイーツ)にお知らせするところからスタートします。その情報を入力しただけでは、もちろんUber Eats(ウーバーイーツ)に登録したことにはなりませんので、安心してください。

上記のフォームに、、「お店の名前」「お店の住所」「担当者の名前(姓・名)」「担当者に繋がる電話番号」「メールアドレス」「お店のタイプ(レストラン・コンビニ・食料品店・酒屋)」「店舗数」「お料理の種類」を選択して【送信】ボタンを押して情報を入力するだけです!

現在、Uber Eats(ウーバーイーツ)では出店の申込が殺到している状態です。その為、フォームの送信を行ってからUber Eats(ウーバーイーツ)担当者から連絡が来るまでに遅れが生じている状況です。 一度に沢山のレストランへご案内ができるように、【レストランパートナー様向けのWeb合同説明会】をが実施されています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)出店にかかる初期費用

Uber Eats(ウーバーイーツ)にレストランパートナーズとして出店するためにかかる初期費用は「0円(無料)となっています。Uber Eats(ウーバーイーツ)の出店にかかる費用や、ランニングコストについてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

実際のところ、Uber Eats(ウーバーイーツ)出店のための費用【50,000円】(英語メニュー作成費、写真撮影費、レストランパートナーアプリ連動設定費、タブレットレンタル費)が初期費用としてかかりますが、こちらが期間限定で無料キャンペーンを行っているそうです!

このキャンペーンの特徴として、契約期間は一年間ごととなっているようですが、契約の途中で解約してしまっても違約金や解約金などはかからないそうです。なんと太っ腹な。

通常の契約で申込をした場合には、初期費用【50,000円】が発生し、支払いは30回払いとなっているそうです。出店後5週間目から支払いが発生する仕組みとなっているそうで、毎週発生する売上から【1,667円】が相殺される仕組みとなっています。売り上げが1,667円を下回っている月や、売上がない月は、費用を支払う必要がないようになっているそうです。

こちらの登録手数料は期間限定のため、予告なく終了することがあるそうです。

関連記事 Uber Eats(ウーバーイーツ)の出店初期費用は?

Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店する流れ

Uber Eats(ウーバーイーツ)のレストランパートナーとして出店するには以下のような手順を踏む必要があります。基本的にはUber Eats(ウーバーイーツ)の担当者から連絡がきて、担当者から指示がある通りに進めていけば出店を行うことができます。

出店の流れの詳細については、こちらの記事でご紹介しています。

  1. フォームから必要な情報を入力する
  2. Uber Eatsから連絡があるのを待つ
  3.  担当から電話案内を受ける
  4.  希望しない形態があればチェックを外す
  5.  連絡先となる住所を入力する
  6.  支払い内容や利用できるサービスの内容を確認する
  7.  契約書に同意する
  8.  メニューをUber Eatsに連携する
  9. メニューの提供時間を設定する
  10. メールアドレスを入力する
  11. 送信されたメールを確認する
  12.  アカウントを作成する
  13. メニュー写真撮影の予約を行う
  14. メニューの撮影を行う
  15. システムの設定を行ってもらう
  16.  注文を受けるために使うタブレットを受取る
  17. タブレット操作研修の予約を行う
  18.  電話でタブレット操作研修を受ける
  19.  レストランパートナーとして営業開始

関連記事 Uber Eats(ウーバーイーツ )に店舗が「出店」する方法

まとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店するための問合せはこちらのフォームから行います。電話やメールでの問合せは受け付けていませんので注意しましょう。

上記のフォームに、、「お店の名前」「お店の住所」「担当者の名前(姓・名)」「担当者に繋がる電話番号」「メールアドレス」「お店のタイプ(レストラン・コンビニ・食料品店・酒屋)」「店舗数」「お料理の種類」を選択して【送信】ボタンを押して情報を入力するだけです!

現在、Uber Eats(ウーバーイーツ)では出店の申込が殺到している状態です。

その為、フォームの送信を行ってからUber Eats(ウーバーイーツ)担当者から連絡が来るまでに遅れが生じている状況です。 一度に沢山のレストランへご案内ができるように、【レストランパートナー様向けのWeb合同説明会】をが実施されていますので注意しましょう!

人気のフードデリバリーサービス

Uber Eats(ウーバーイーツ)

【a】Uber Eats  フード注文

利用できる範囲も広くて、利用可能時間も長い!加盟店もチェーン店から個店まで幅広く、えらべるお料理もたくさん!どうしてもお料理するのが面倒…コンビニも飽きた…なんて時はUber Eats(ウーバーイーツ)で決まり!

foodpanda(フードパンダ)

foodpanda 初回注文

クーポンがたくさん出ているので、とってもお得に注文できるのでお勧めです!foodpanda(フードパンダ)はパンダマートと呼ばれる食料品や日用品も注文できるので、ネットスーパーのような感覚でも利用できます!

menu(メニュー)

初回購入[menu]【iOS】

menu(メニュー)は国産のフードデリバリーサービスなので、アプリが使いやすいのが特徴です!他のデリバリーサービスにはない有名店や人気店も多数掲載されているので、いつものフードデリバリーに飽きちゃった…という方にお勧めです!!

関連記事