FOODNEKO(フードネコ)でチップは払えるか解説!

DiDi Food 配達パートナー募集
【a】Uber Eats 配達パートナー募集

最近何かと話題のフードデリバリーサービス。日本国内シェア1位はUber Eats(ウーバーイーツ )ですが、Uber Eats(ウーバーイーツ )の配達パートナー(配達員)にはチップを渡す制度があります。

日本に上陸したばかりの韓国発フードデリバリーFOODNEKO(フードネコ)ではチップを払うことができるのか?気になる方も多いようです!

Uber Eats(ウーバーイーツ )と同業のフードデリバリーサービス、FOODNEKO(フードネコ)でお料理を配達してもらった配達員にチップを渡す制度はあるのか、という疑問にお答えいたします。

FOODNEKO(フードネコ)とは?

FOODNEKO(フードネコ)とは、韓国発の新しいフードデリバリーサービスです。2020年に日本にやってきた比較的後発組のフードデリバリーサービスです!

韓国で出前アプリ「配達の民族」を運営している「Woowa Brothers(ウーワブラザーズ)」という会社が出資している、株式会社ダブリュービージェーという「Woowa Brothers(ウーワブラザーズ)」の日本法人が運営しています。

「Woowa Brothers(ウーワブラザーズ)」は、韓国国内で出前アプリのシェアが1位となっていて、韓国での認知度は非常に高く、飽和気味の韓国国内から日本に戦地を変えてきたような流れとなってきています。人工知能(AI)や、自律走行ロボット技術の開発などの開発も行っているため、そのノウハウを生かして日本でもフードデリバリーサービス の展開を行っていくようです。

実は、「Woowa Brothers(ウーワブラザーズ)」が日本に進出してくるのは、今回で2回目!2014年にLINE(ライン)と提携して、日本進出を果たしましたが、その頃日本ではあまりフードデリバリーサービス が認知されておらず、1年で事業は撤退してしまいました。

今回は、満を辞して新しい「FOODNEKO(フードネコ)」という業態で再チャレンジを行うような形になっています。

関連記事 FOODNEKO(フードネコ)とは?

フードデリバリーサービスのチップとは?

フードデリバリーサービスを利用する際には、チップという仕組みがあります。海外に住んでいた人や、旅行したことがある方は「チップ」について馴染みがあるかもしれませんが、日本ではあまりないシステムです。

チップ(英: tip、英: gratuity)とは、規定料金とは別に、サービスを受けたことに対して心づけとして相手に渡す現金を指す。

(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

とあるように、提供してくれたサービスに対して対価を支払うというイメージです。例えばお料理は、お料理という物を受け取るのに対して料金を支払いますが、笑顔で配達をする、迅速に配達する、などといった品物ではないサービスに対して、対価を支払うという考え方が欧米ではあります。

チップを支払う習慣は国によって異なりますが、欧米などでは慣習として、ホテルでの宿泊(ベッドメイキング、ルームサービス、ベルボーイによる荷物の運搬など)やタクシーの利用、レストランでの飲食、理容店や美容院、トイレの使用などに対して発生することが多くあります。

以下のように配達員に対してお礼の意味を込めて、商品の代金や配送料などとは別で、お金を渡すシステムとなっています。基本的に、このチップは手数料などは引かれずまるまる配達員に入るのが通常です。

関連記事 foodpanda (フードパンダ)にチップシステムはある?

FOODNEKO(フードネコ)でチップは払えない!

FOODNEKO(フードネコ)では残念ながらチップを払う事ができません

フードデリバリーサービスの大手、Uber Eats(ウーバーイーツ)では2016年にサービスがリリースされましたが、2020年5月からチップを支払う事ができるようになりました。そのため、FOODNEKO(フードネコ)でもチップ機能が今後時間が経ってから追加される可能性はあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のチップは、配達員に対して任意の金額を支払う事ができます。配達報酬では手数料が引かれた金額が振り込まれますが、チップからは手数料が引かれない仕組みになっています。

フードデリバリーサービスは、富裕層の方の利用が多いためチップを渡したり、配達員として受け取ったりという事は比較的多いようです。

関連記事 出前館の配達員にチップを渡すことはできるのか

FOODNEKO(フードネコ)でチップが払える様になる可能性は?

先に述べたように、FOODNEKO(フードネコ)ではチップを渡すことができません。ただ、これからシステムが変わってチップが払えるようになる可能性はあるのか気になる方も多いのではないでしょうか?

こちらはあくまでも予想となりますが、FOODNEKO(フードネコ)ではUber Eats(ウーバーイーツ )のような、チップ機能は導入されないのではないかと思います。

チップ文化が普及している海外で導入されていない機能が、チップ文化がない日本で導入される可能性は低いのではないかなと考えます。

ただ、FOODNEKO(フードネコ)は提供する地域によって、機能やサービスを柔軟に変更するスピード感のある開発も魅力ですので、今後配達員からの声が上がれば、追加で機能が開発される可能性もあるかもしれません。

直接現金(キャッシュ)でチップを渡しても問題ない?

FOODNEKO(フードネコ)のシステムを使って、チップを渡すことは出来ませんが、例えば海外のように現金(キャッシュ)を直接手渡ししてチップを渡すことは問題ないのでしょうか?

基本的には、直接現金(キャッシュ)でチップを渡しても問題有りません!ただ、基本的にチップは「贈与」となりますので、あまりにも高額な金額を特定の人に渡したりすると「贈与税」を払う必要があります。(そんなことは無いと思いますが…笑)

アプリのチップ機能がないから、お礼の気持ちを伝える方法がない…と思っている方もいらっしゃるかもしれません。現在もいろんな形で感謝の気持ちを伝えることができます。

  • ドリンクを渡す
  • カイロなどの便利グッズを渡す
  • 現金でチップを渡す

がんばって配達してくれる配達員に、いろんな形で感謝を伝えることで気持ちよくフードデリバリーサービスを利用できるかもしれませんね!

FOODNEKO(フードネコ)の注文の仕方

FOODNEKO(フードネコ)で注文する方法は以下の通り!アプリもとっても使いやすくて便利です!キャプチャ付きでこの記事で詳しく使い方を紹介しているので参考にしてみてくださいね。

  • FOODNEKO(フードネコ)アプリをインストールする
  • 「電話の発信と管理」「位置情報」を許可する
  • 注文するレストランを探す
  • 注文するお料理を決める
  • オプションやレストランへのコメントを追加する
  • 買い物かごに入れる
  • お届け先情報を入力する
  • 「料理店へのご要望」を選択する
  • 「ライダー(配達員)へのご要望」を選択する
  • 「クーポン」や「お支払情報」を追加する
  • 「決済する」ボタンを押す
  • 注文完了!お料理が届くのを待つ
  • 商品を受け取る

関連記事 【解説】FOODNEKO(フードネコ)の使い方・注文方法

FOODNEKO(フードネコ)のチップについて まとめ

FOODNEKO(フードネコ)では残念ながらチップを払う事ができません

フードデリバリーサービスの大手、Uber Eats(ウーバーイーツ)では2016年にサービスがリリースされましたが、2020年5月からチップを支払う事ができるようになりました。そのため、FOODNEKO(フードネコ)でもチップ機能が今後時間が経ってから追加される可能性はあります。

ジュースを渡したり、直接現金をチップとして渡したり、様々な方法でチップを渡している方もいらっしゃるようなので、荒天の日や、寒い日などは配達員にねぎらいの気持ちをチップとして表現してみてはいかがでしょうか?

カテゴリー:

人気のフードデリバリーサービス

Uber Eats(ウーバーイーツ)

【a】Uber Eats  フード注文

利用できる範囲も広くて、利用可能時間も長い!加盟店もチェーン店から個店まで幅広く、えらべるお料理もたくさん!どうしてもお料理するのが面倒…コンビニも飽きた…なんて時はUber Eats(ウーバーイーツ)で決まり!

foodpanda(フードパンダ)

foodpanda 初回注文

クーポンがたくさん出ているので、とってもお得に注文できるのでお勧めです!foodpanda(フードパンダ)はパンダマートと呼ばれる食料品や日用品も注文できるので、ネットスーパーのような感覚でも利用できます!

menu(メニュー)

初回購入[menu]【iOS】

menu(メニュー)は国産のフードデリバリーサービスなので、アプリが使いやすいのが特徴です!他のデリバリーサービスにはない有名店や人気店も多数掲載されているので、いつものフードデリバリーに飽きちゃった…という方にお勧めです!!

関連記事