DoorDash(ドアダッシュ)の注文時にかかる手数料・費用を解説!

DiDi Food 配達パートナー募集
【a】Uber Eats 配達パートナー募集

仙台に上陸する、新しいフードデリバリーサービスのDoorDash(ドアダッシュ)!「新しいサービスが出たら早速使ってみたい!」という方もいらっしゃるかと思います。

  • DoorDash(ドアダッシュ)の注文っていくらから?
  • 注文時にかかる手数料はいくら?
  • 配送手数料ってどれくらい?

など、気になる注文時にかかる手数料・費用について詳しく解説していきます!

こちらの記事は、サービスリリース前に書かれたものです。
あくまでも予想記事になりますので、これからサービスがリリースされたら更新いたします。

そもそも「DoorDash(ドアダッシュ)」とは?

DoorDash(ドアダッシュ)とは、アメリカのサンフランシスコに本社のあるフードデリバリーサービスです。日本法人は、DoorDash Technologies Japan株式会社という会社になっていて、令和2年12月22日に設立されています。

他のフードデリバリーサービスと同じようにアプリを通じて、注文を行います。レストランで作られたお料理を、Dasher(ダッシャー)と呼ばれる配達員が配達を行ってくれます。それぞれから手数料を得る事で利益を得ています。

DoorDash(ドアダッシュ)は欧米諸国でとても人気のサービスで、現在では、アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの4,000を超える都市でサービスを展開しており、世界中で大きなシェアを獲得しています。

2013年7月にサービスのリリースしており、Uber Eats(ウーバーイーツ)よりも後にスタートしたにも関わらず、Uber Eats(ウーバーイーツ)をスルリと追い越して、どんどんシェアを拡大していっています。

アメリカの上位100のレストランのうち90%と組んでおり、提携している飲食店が多いことも人気の秘密となっています。

2021年に日本に上陸することを検討しているようです。CEOのTony Xu(トニー・シュー)氏が、3か国での事業を優先していると日経のインタビューに答えていましたが、その中の1つに日本が入っていたということになります。

DoorDash(ドアダッシュ)の運営会社

会社名:ドアダッシュ(DoorDash, Inc.)
本社:アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ
創立:2013年7月
CEO: Tony Xu(トニー・シュー)
収益: 19億アメリカ合衆国ドル
専門分野:ローカルロジスティクス、レストラン配達、オンデマンド配達、eコマース

DoorDash(ドアダッシュ)の日本法人

会社名:DoorDash Technologies Japan株式会社
本社:東京都港区南麻布3丁目19番23号オーク南麻布ビル2階
創立:令和2年12月22日

関連記事 日本進出間近!DoorDash(ドアダッシュ)とは?

DoorDash(ドアダッシュ)の注文時にかかる費用は2つ!

DoorDash(ドアダッシュ)の注文時に、商品代金以外にかかる手数料・費用は2つあります。

DoorDashの手数料

  • 配達料金
  • 少額オーダー手数料

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、これに追加して注文代金の10%かかる「手数料」がありますが、DoorDash(ドアダッシュ)ではそちらの費用はかかりません。

以下に詳しく手数料の詳細について解説していきます!

関連記事 DoorDash(ドアダッシュ)の配達員(ダッシャー)の報酬の仕組みを解説!

DoorDash(ドアダッシュ)の注文時の「配達料金

DoorDash(ドアダッシュ)の注文時の「配送手数料」

DoorDash(ドアダッシュ)でお料理を注文した際には、注文した商品の代金以外に「配達料金」、つまり「送料」が必ず発生します。

予想では、エリア一律ではなく300円〜という形で「配達料金」は変動していく形になるかと思います。

基本的にはお店から配達店までの距離が遠ければ遠いほど「配送手数料」は高くなることになります。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)と同じように、ダイナミック・プライシングという需要と供給によって価格を変動させる仕組みが導入される事が予想されます。

注文が少なくて配達員が多い時には「配送手数料」は安く、注文が多くて配達員が少ない時には「配送手数料」が高くなる…というように、そのエリアのニーズに合わせて、配送手数料が変動するような仕組みです。

荒天(豪雨や積雪・猛暑)の時には、「配送手数料」が引き上げられたりする可能性があります。

DoorDash(ドアダッシュ)の注文時の「少額オーダー手数料

DoorDash(ドアダッシュ)で商品を注文すると、注文した商品の金額によって「少額オーダー手数料」がかかります。

注文した商品が1,500円未満の場合に300円「少額オーダー手数料」が発生します。これは、アプリが計算して自動的に決済画面に追加されます。

カートの中の商品が1,500円以上になった場合には、この「少額オーダー手数料」は削除されます。

関連記事 京都のDoorDash(ドアダッシュ)配達可能エリア・範囲

DoorDash(ドアダッシュ)に最低注文金額はない!

DoorDash(ドアダッシュ)で注文する際には、最低注文金額はナシになるかと思います。

少額オーダー手数料」があるということは、0円から注文することができます。

「少額オーダー手数料」を支払うなら、もう一つ商品を注文して1,500円以上の金額で決済したほうがお得になる場合もあるので、カートに商品を入れたり消したりしながら計算するのがよさそうです。

関連記事 DoorDash(ドアダッシュ)の配達員(ダッシャー)の報酬の仕組みを解説!

DoorDash(ドアダッシュ)の注文時手数料 まとめ

DoorDash(ドアダッシュ)の注文時にかかる手数料は、「配達料金」「少額オーダー手数料」の2種類になります。

配送手数料は「距離」「需要と供給」によって変動性となるかと思います。少額オーダー手数料は、注文した商品が1,500円未満の場合に300円がかかるようになりそうです。

これからサービスリリースが近づくにあたって、情報も出てくるかと思いますので随時情報を更新していきます!

また、新しい情報が入ったらご紹介していきますので、Twitter(@todomeshi)のフォローもよろしくお願いしますm(_ _)m

人気のフードデリバリーサービス

Uber Eats(ウーバーイーツ)

【a】Uber Eats  フード注文

利用できる範囲も広くて、利用可能時間も長い!加盟店もチェーン店から個店まで幅広く、えらべるお料理もたくさん!どうしてもお料理するのが面倒…コンビニも飽きた…なんて時はUber Eats(ウーバーイーツ)で決まり!

foodpanda(フードパンダ)

foodpanda 初回注文

クーポンがたくさん出ているので、とってもお得に注文できるのでお勧めです!foodpanda(フードパンダ)はパンダマートと呼ばれる食料品や日用品も注文できるので、ネットスーパーのような感覚でも利用できます!

menu(メニュー)

初回購入[menu]【iOS】

menu(メニュー)は国産のフードデリバリーサービスなので、アプリが使いやすいのが特徴です!他のデリバリーサービスにはない有名店や人気店も多数掲載されているので、いつものフードデリバリーに飽きちゃった…という方にお勧めです!!

関連記事