DoorDash(ドアダッシュ)はシフト制?働き方を徹底解説!

出前館 配達パートナー募集
【a】Uber Eats  フード注文

2021年6月中に日本上陸するのでは…と言われている、米国発フードデリバリーサービスのDoorDash(ドアダッシュ)!どんなサービスなのか気になっている方も多いようです。

フードデリバリー各社、シフト制だったり、時給保証があったり、様々なしくみがあるので、どんな働き方になるのか気になりますよね。

  • DoorDash(ドアダッシュ)はシフト制なの?
  • どんな働き方をするの?
  • 配達の流れが知りたい!

など、DoorDash(ドアダッシュ)での働き方について、詳しくご紹介していきます!

出前館で配達員登録が「今、アツい」!

ブーストも最大3倍で!!しかも6月末まで報酬が30%アップ!!MAX「1,980円/件」でガッツリ稼ごう!

  • 2022年6月30日まで、基本報酬の30%が加算!
  • 1件あたり最大「¥1,980」も!※首都圏エリアのみ
  • 平均的な配達距離が約1.7kmと比較的短め
  • 業界トップクラスの高単価と注文数!

フードデリバリーサービス「DoorDash(ドアダッシュ)」とは?

DoorDash(ドアダッシュ)とは、アメリカのサンフランシスコに本社のあるフードデリバリーサービスです。日本法人は、DoorDash Technologies Japan株式会社という会社になっていて、令和2年12月22日に設立されています。

他のフードデリバリーサービスと同じようにアプリを通じて、注文を行います。レストランで作られたお料理を、Dasher(ダッシャー)と呼ばれる配達員が配達を行ってくれます。それぞれから手数料を得る事で利益を得ています。

DoorDash(ドアダッシュ)は欧米諸国でとても人気のサービスで、現在では、アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの4,000を超える都市でサービスを展開しており、世界中で大きなシェアを獲得しています。

2013年7月にサービスのリリースしており、Uber Eats(ウーバーイーツ)よりも後にスタートしたにも関わらず、Uber Eats(ウーバーイーツ)をスルリと追い越して、どんどんシェアを拡大していっています。

アメリカの上位100のレストランのうち90%と組んでおり、提携している飲食店が多いことも人気の秘密となっています。

2021年に日本に上陸することを検討しているようです。CEOのTony Xu(トニー・シュー)氏が、3か国での事業を優先していると日経のインタビューに答えていましたが、その中の1つに日本が入っていたということになります。

DoorDash(ドアダッシュ)の運営会社

会社名:ドアダッシュ(DoorDash, Inc.)
本社:アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ
創立:2013年7月
CEO: Tony Xu(トニー・シュー)
収益: 19億アメリカ合衆国ドル
専門分野:ローカルロジスティクス、レストラン配達、オンデマンド配達、eコマース

DoorDash(ドアダッシュ)の日本法人

会社名:DoorDash Technologies Japan株式会社
本社:東京都港区南麻布3丁目19番23号オーク南麻布ビル2階
創立:令和2年12月22日

DoorDash(ドアダッシュ)はシフト制・自由オンラインが選べる

DoorDash(ドアダッシュ)が配達員として働く方法は、「シフト」「自由オンライン」を選択することができます。

シフト制」で働く場合には事前にシフト枠の事前予約を行う必要がありますが、「自由オンライン」で働く場合には任意のタイミングでオンラインにしたり、オフラインにしたりすることができます。

ただ、「自由オンライン」で働く場合には終了予定時刻の申告が必要になるようです。Uber Eats(ウーバーイーツ)のように自由に終了できないの?結局シフトと何が違うの?と思う方もいらっしゃるかと思いますので、どういうことなのか次項にて詳しくご説明していきます。

DoorDash(ドアダッシュ)は配達終了予定時刻の申告が必要

DoorDash(ドアダッシュ)で「自由オンライン」で配達を行う流れは、以下のような流れになります。

配達の流れ

  • 配達員アプリで、配達したい時に「オンライン」にする
  • 配達を終了する予定の時刻を選択する
  • 配達を行う
  • 配達を終了する予定の時刻になったら「オフライン」する

「2」の手順が他のデリバリーサービスにはない仕組みになっており、配達を始める時に配達を終了する予定の時刻を選択するという作業が必要になります。

これはシフトではありませんが、「何時頃までオンラインにできますよ〜」ということをDoorDash(ドアダッシュ)側にお知らせすることを指します。

これは、そのエリアにいる配達員の数を、DoorDash(ドアダッシュ)側で把握するためにある機能だそうです。そのため、オンラインにする時に決めた時間まで必ず働く必要がある、という訳ではありません。あくまでも、目安の時間となります。

この設定した時間以内に配達を切り上げてオフラインにしたり、設定した時間以上の時間配達をしたからと言って、ペナルティがあったりするわけではないようです。

早めに配達を切り上げた人には「もう少しは配達しませんか?」というような通知が来たりするようですが、そのオファーを受けないからといって評価が下がったりすることは無いようです。

DoorDash(ドアダッシュ)は時給保証は?

DoorDash(ドアダッシュ)では、シフト制での稼働もあるため時給保証がある可能性が高いです。

シフト制で働くとなると、シフト争奪戦が勃発してしまって、働きたくても働くことができない…という場合や、体調が悪い、天候が悪いなどのタイミングで働きたくない時に評価が下がってしまうなどデメリットも多いですので、自由に働けるのはメリットかもしれません。

ただ、どうしても完全に成果報酬で働くことになりますので、Uber Eats(ウーバーイーツ)と同じように、オーダーが入らなければ少なくなってしまうということになってしまいます。

どちらの場合でも一長一短なので、自分の好みにあわせて配達するサービスを選択するのが良さそうです。

DoorDash(ドアダッシュ)の配達員に登録する方法

DoorDash(ドアダッシュ)の配達パートナーの登録は、以下のような流れで登録を行います。現在は宮城県の一部地域でしか登録を行うことができません。

こちらの記事で配達員に登録する方法をご紹介していますので、参考にしてみてくださいね!

  1. フォームで郵便番号の登録をする
  2. メールアドレスの登録をする
  3. 電話番号を登録する
  4. 名前(英語・かな)、パスワードを登録
  5. 登録に必要な書類を用意する
  6. オリエンテーション(登録会・説明会)に参加する
  7. 配達に必要なグッズを受け取る
  8. 配達員用アプリを入手して配達開始!

[st_af id=”3851″]

DoorDash(ドアダッシュ)の働き方 まとめ

DoorDash(ドアダッシュ)が配達員として働く方法は、「シフト」「自由オンライン」を選択することができます。

シフト制」で働く場合には事前にシフト枠の事前予約を行う必要がありますが、「自由オンライン」で働く場合には任意のタイミングでオンラインにしたり、オフラインにしたりすることができます。

ただ、「自由オンライン」で配達する場合には、配達を始める時に配達を終了する予定の時刻を選択するという作業が必要になります。あくまでも、働くことのできる時間の目安をDoorDash(ドアダッシュ)側に申告するというだけなので、その時間で必ず働かないといけない…ということはありません。

これから、サービスの詳細についてもリリースされていくかと思いますので、全貌が明らかになってきたら、随時こちらの記事も更新していきたいと思います!

また、新しい情報が入ったらご紹介していきますので、Twitter(@todomeshi)のフォローもよろしくお願いしますm(_ _)m

出前館で配達員登録が「今、アツい」!

ブーストも最大3倍で!!しかも6月末まで報酬が30%アップ!!MAX「1,980円/件」でガッツリ稼ごう!

  • 2022年6月30日まで、基本報酬の30%が加算!
  • 1件あたり最大「¥1,980」も!※首都圏エリアのみ
  • 平均的な配達距離が約1.7kmと比較的短め
  • 業界トップクラスの高単価と注文数!

人気のフードデリバリーサービス

Uber Eats(ウーバーイーツ)

【a】Uber Eats  フード注文

利用できる範囲も広くて、利用可能時間も長い!加盟店もチェーン店から個店まで幅広く、えらべるお料理もたくさん!どうしてもお料理するのが面倒…コンビニも飽きた…なんて時はUber Eats(ウーバーイーツ)で決まり!

出前館

CMでお馴染みの『出前館』!利用出来る店舗の数も多く、地方でも利用することができるので他のデリバリーサービスが使えない時にもピッタリ!

配達員のお仕事も、デリバリー未経験者はもちろん、経験者の応募も歓迎しています。年代も幅広く10代の方から60代の方、男女区別なく様々なステージの方々がご活躍されています。

DiDi Food(ディディフード)

DiDi Food 配達パートナー募集

DiDi Food(ディディフード)は値引き額の大きいプロモーションが特徴です。

配達員のお仕事も、月収50万以上稼ぐ方もいるほど稼げる!配達件数に応じたボーナスもあり、時給換算目安:1000円〜3000円が相場です!

関連記事