【配達員】foodpanda(フードパンダ)で置き配で配達する方法

DiDi Food 配達パートナー募集
【a】Uber Eats 配達パートナー募集

新型コロナウイルス感染症拡大の影響でデリバリーのニーズが増加しています。それに伴って、置き配での配達も多くなってきていますね。

foodpanda(フードパンダ)で「置き配」の配達を行う際に必ず行わないといけない事があることをご存知ですか?

この記事では、foodpanda(フードパンダ)で「置き配」で配達する方法と、「置き配」で配達する際の注意点について詳しく説明していきます!

foodpandaで配達員になる

日本中でエリアが随時拡大されているfoodpanda(フードパンダ)!Uber Eats(ウーバーイーツ)などの他のデリバリーサービスとも兼業可能なので、登録だけでもぜひ!!!

1時間だけでも6時間でも、稼働時間を自由に決めて、自分の時間を調整することができます。

foodpanda(フードパンダ)で置き配の配達はある

foodpanda(フードパンダ)での配達依頼には、「置き配」の指定はあります。顧客が注文する際の方法はこちらの記事から確認できます。

サービスがリリースされた時点では、foodpanda(フードパンダ)で置き配を利用することができませんでしたが、リリースしてまもなく注文者は置き配を利用することができるようになっています。

2020年2月頃までの配達は、配達を行う際には指定された方法・場所に配達を行うだけで問題なかったのですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)と同じように、配達した場所の写真と商品が一緒に映るものを撮影する必要があるフローに変更されました。

関連記事 【解説】foodpanda(フードパンダ)の使い方・注文方法

置き配の配達の際に「写真」の撮影が必要

注文された配達が「置き配」指定だった場合には、商品が安全に配送されていること、配達場所のお知らせを目的として、配達した商品の写真を撮影する必要があります。

撮影した写真は、以下のような用途として利用されますので、配達する配達員を守るためにも必要な作業になりますので、必ずしっかり撮影しておきましょう。

  • 配達場所のお知らせ
  • 配送の品質保証
  • 商品にトラブルがあった場合の問題解決策

これから、foodpanda(フードパンダ)で置き配で配達する場合の手順について解説していきます。

foodpanda(フードパンダ)で置き配で配達する方法

配達画面を開いてライブチャットを開く

配達を受ける配達員専用アプリ「Roadrunner(ロードランナー)」で配達画面を確認します。

配達を行う画面(注文者の情報や補足情報が書いてある画面)を確認し、右上のヘッドホンマーク(ライブチャット)をタップします。

ライブチャットに商品の写真を送る

右上のヘッドホンマーク(ライブチャット)を開いて、商品の写真をライブチャットに送信します。

配達完了のステータスにするには、商品の写真のアップロードがマストになります。

写真は商品を置いた場所を中心に撮影してください
また、お料理に近づき過ぎたり、ブレているとどこに商品を置いたのか、正しい状態で配達できたかわからないので、きれいに映っていて、周りの状況がわかるものにしましょう。

配達完了!

商品の写真のアップロードが完了したら、配達完了できます!
お疲れ様でした!

foodpanda(フードパンダ)で置き配する時の注意点

集合住宅の場合は、各建物の管理組合が定めている規約に従ってください。

指定の置き配場所に立ち入れない場合、指定置き配場所を特定できない場合、または指定置き配場所が安全な場所ではないと判断した場合は、ライブサポートチャットから注文者に連絡する必要があります。

指定があったから、所定の場所に置いて配達完了…ではなく、実際に安全に配達ができるのか、その方法で配達しても近隣に迷惑がかからないのか確認する必要があります。

foodpanda(フードパンダ)で置き配で配達する方法 まとめ

2020年2月頃までの配達は、配達を行う際には指定された方法・場所に配達を行うだけで問題なかったのですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)と同じように、配達した場所の写真と商品が一緒に映るものを撮影する必要があるフローに変更されました。

「配達画面を開いてライブチャットを開く→配達した商品の写真をライブチャットに送信する」という流れを踏まないと、配達完了することができなくなっていますので注意しましょう!

Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達したことがある方はイメージが湧きやすいかと思います!

よかったら、トドメシのTwitter(@todomeshi)でも定期的に情報発信していますので、ぜひフォローをお願いします!

関連記事