foodpanda(フードパンダ)の配達員専用アプリRoadrunner(ロードランナー)とは?

foodpanda(フードパンダ)配達員専用アプリ「Roadrunner(ロードランナー)」
DiDi Food 配達パートナー募集
【a】Uber Eats 配達パートナー募集

foodpanda(フードパンダ)で配達ライダーとして活動するために、必ず必要になる配達員専用のアプリについて、わからないことがある…とSNSなどでも話題になっています。

foodpanda(フードパンダ)とアプリセンターで調べても、注文者向けのアプリは出てくるけれど配達員向けのアプリがどうしても見つからない!という方も多いようです。

そこで、foodpanda(フードパンダ)配達員専用アプリ「Roadrunner(ロードランナー)」について、詳しくご説明していきます!

foodpandaで配達員になる

日本中でエリアが随時拡大されているfoodpanda(フードパンダ)!Uber Eats(ウーバーイーツ)などの他のデリバリーサービスとも兼業可能なので、登録だけでもぜひ!!!

1時間だけでも6時間でも、稼働時間を自由に決めて、自分の時間を調整することができます。

配達員専用アプリ「Roadrunner(ロードランナー)」

foodpanda(フードパンダ)の配達ライダー専用アプリは、「Roadrunner(ロードランナー)」というアプリになります。foodpanda(フードパンダ)というワードも入っていませんし、グレーのアイコンでfoodpanda(フードパンダ)感のないものとなっています…。

インストールしようと思って、App storeを探してもきっと見つからないはずです…こちらのアプリは、iPhoneのアプリセンターにはなく、所定のところからインストールする野良アプリです。

以下よりインストールすることができますので、配達ライダー(配達員)になる方はインストールしておくようにしましょう。

foodpanda パンダライダー

RoadRunner Driver

V & Z SERVICES LTD無料posted withアプリーチ

2021年4月26日(月)から、RoadRunnerに代わり、Androidユーザー対象で「panda rider(パンダライダー)」がGoogle Playstoreでインストールできるようになりました。

「panda rider(パンダライダー)」は、実のところ「Roadrunner(ロードランナー)」と同じアプリです。そのため、先に「Roadrunner(ロードランナー)」をインストールしていた方は、アンインストールしてからでないとGoogle Playストアでインストールすることができません。

「Roadrunner(ロードランナー)」で出来ること

foodpanda(フードパンダ)の配達員専用アプリ「Roadrunner(ロードランナー)」でどのようなことができるのか、いくつかご紹介いたします。

  • 配達の受付・完了の通知
  • サポートセンターへの問合せ
  • 注文者への連絡
  • 配達履歴の確認
  • 配達報酬の確認

上記内容は一部ですが、このようなことが基本的にアプリの中で対応することができます。

「Roadrunner(ロードランナー)」の使い方

「Roadrunner(ロードランナー)」の使い方について、英語版のみになりますが詳しい使い方について動画で説明されています。

サポートに連絡したり、報酬を確認したり、「Roadrunner(ロードランナー)」アプリを通して様々なことを行うことができます。

「Roadrunner(ロードランナー)」にログインする

サポートセンターに連絡する(ライブチャット)

注文者に連絡する(ライブチャット)

配達を受けて完了する(ピックアップ・ドロップ)

報酬を確認する(ウォレット)

配達車両を変更する

地図の設定をする

配達履歴を確認する

「Roadrunner(ロードランナー)」アプリの設定を変更する

配達ライダーに知人を招待する

foodpanda(フードパンダ)の配達員専用アプリまとめ

foodpanda(フードパンダ)の配達員専用アプリ「Roadrunner(ロードランナー)」では、配達の受付・完了の通知サポートセンターへの問合せ、注文者への連絡、配達履歴の確認、配達報酬の確認など、様々なfoodpanda(フードパンダ)の配達に関することを対応することができます。

こちらのアプリは、iPhoneやAndroidのアプリセンターにはなく、所定のところからインストールする「野良アプリ」となっているので、App Storeなどにはないので注意しましょう。

ところどころ、まだ日本語対応が出来ていない部分もありますが、今後しっかり対応していく予定とのことでしたので、英語が苦手な人はもう少し我慢しましょう…!

関連記事