日本進出!HungryPanda(ハングリーパンダ)とは?

HungryPanda(ハングリーパンダ)
DiDi Food 配達パートナー募集
【a】Uber Eats 配達パートナー募集

また、新しいフードデリバリーサービスがリリースされています!HungryPanda(ハングリーパンダ)というイギリス発のフードデリバリーサービスです。(またパンダ…?と思ったあなたは、フードデリバリー上級者です。)

2020年にサービスがリリースされているfoodpanda(フードパンダ)とは全く別物です!

  • HungryPanda(ハングリーパンダ)とはどんなサービスなの?
  • 利用できるエリアは!?
  • 配達員として働くには?

など、謎につつまれたHungryPanda(ハングリーパンダ)の詳細について詳しくご説明いたします!

フードデリバリーHungryPanda(ハングリーパンダ)とは?

HungryPanda(ハングリーパンダ)とは、2016年にイギリスで創業し、同国のノッティンガムでサービスをリリースしたフードデリバリーサービスです。現在は、イギリスのロンドンに本社を置いています。

現在利用できる国は、「イギリス」「フランス」「イタリア」「オーストラリア」「シンガポール」「韓国」「ニュージーランド」「カナダ」「アメリカ」「日本」の世界10カ国で事業を展開しています。

他のフードデリバリーサービスとは異なる点は、中華料理に特化しているという所です。海外在住の5000万人の中国人のユーザーをターゲットにしているため、アプリのUIも北京語を使っています。中国人は大量注文することが多く、収益効率がいいという絶妙な所にターゲティングしています。

このサービスができたのは、ノッティンガム大学のコンピューターサイエンスの留学生の経験からという所も興味深いです!開発者の中国人学生とその友達は、近くにある中華料理店の料理をデリバリーしたかったのですが、メニューはすべて英語、しかもイギリス仕様に味がカスタマイズされている中華料理が気に入らなかったよう…そこで、海外にすんでいる中国人と中華料理店をつなぐサービスを作ろう!ということでサービスをつくったそうです。

また、24時間年中無休のバイリンガルカスタマーサービスがついているのは特に他のサービスとは大きく異る点ですね。

HungryPanda(ハングリーパンダ)が利用できるエリア

フードデリバリーHungryPanda(ハングリーパンダ)

HungryPanda(ハングリーパンダ)が日本で利用できるエリアは、「大阪」「東京」「北海道」のみとなっています。

北海道のHungryPanda(ハングリーパンダ)エリア

  • 未定

大阪のHungryPanda(ハングリーパンダ)エリア

  • 大阪市

東京のHungryPanda(ハングリーパンダ)エリア

  • 新宿池袋エリア
  • 新小岩エリア
  • 上野エリア

日本人でもHungryPanda(ハングリーパンダ)は使える?

中国人向けのフードデリバリーサービスであると先にお伝えしていましたが、HungryPanda(ハングリーパンダ)が日本でリリースされているならつかってみたい!と思う方もいらっしゃるかもしれません。

もちろん、日本にいる日本人のHungryPanda(ハングリーパンダ)を利用することができます!実際に利用した方のSNSを拝見しましたが、アプリも使い勝手が良さそうでした。

HungryPanda(ハングリーパンダ)の配達員になる方法

HungryPanda(ハングリーパンダ)の配達員になる方法は、スマホのアプリから行います。ここで注意したいのが、公式サイトからの登録ができないという点です。

また、登録する際のアプリもすべて北京語を使っていますので、中国語の読める方しか登録ができません。以下の「DeliveryPanda」というアプリから登録することができますので、是非登録してみてくださいね!

HungryPanda(ハングリーパンダ)の配達員の登録手順

実際にHungryPanda(ハングリーパンダ)の配達員に登録する手順について解説していきます!

  1. 配達員専用アプリ(DeliveryPanda)をインストール
  2. アプリで新規アカウントを作成する
  3. 配達する都市を選択する
  4. 電話番号や氏名、メールアドレス、パスワードを設定する
  5. 電話番号の認証をSMSで受け取って入力する
  6. 配達したい車両を選択する
  7. アプリに先程設定した情報でログインして、身分証や口座情報を登録する

アプリの中の途中の登録情報は英語なので、中学校までの英語レベルでも登録できそうです!

日本進出!HungryPanda(ハングリーパンダ) まとめ

HungryPanda(ハングリーパンダ)とは、2016年にイギリスで創業し、同国のノッティンガムでサービスをリリースしたフードデリバリーサービスです。現在は、イギリスのロンドンに本社を置いています。

他のフードデリバリーサービスとは異なる点は、中華料理に特化しているという所です。海外在住の5000万人の中国人のユーザーをターゲットにしているため、アプリのUIも北京語を使っています。中国人は大量注文することが多く、収益効率がいいという絶妙な所にターゲティングしています。

日本では、「大阪」「東京」「北海道」のみサービスが展開されていて、これからエリアは拡大されていくかと思います。

中国人向けのサービスではありますが、日本人でもアプリをインストールすればもちろん注文することもできますので、フードデリバリーサービスは片っ端から使ってみてる!という方は、是非利用してみてはいかがでしょうか?

もちろん配達員の登録も可能ですので、配達員になってみたい!という方はアプリをインストールして登録してみてください!

人気のフードデリバリーサービス

Uber Eats(ウーバーイーツ)

【a】Uber Eats  フード注文

利用できる範囲も広くて、利用可能時間も長い!加盟店もチェーン店から個店まで幅広く、えらべるお料理もたくさん!どうしてもお料理するのが面倒…コンビニも飽きた…なんて時はUber Eats(ウーバーイーツ)で決まり!

foodpanda(フードパンダ)

foodpanda 初回注文

クーポンがたくさん出ているので、とってもお得に注文できるのでお勧めです!foodpanda(フードパンダ)はパンダマートと呼ばれる食料品や日用品も注文できるので、ネットスーパーのような感覚でも利用できます!

menu(メニュー)

初回購入[menu]【iOS】

menu(メニュー)は国産のフードデリバリーサービスなので、アプリが使いやすいのが特徴です!他のデリバリーサービスにはない有名店や人気店も多数掲載されているので、いつものフードデリバリーに飽きちゃった…という方にお勧めです!!